ジェイソン・モモアが『アクアマン』続編の撮影入り 茶髪から金髪に

ジェイソン・モモア、金髪化

 数週間前にジェームズ・ワンがInstagramで『Aquaman and the Lost Kingdom(原題)』の撮影スタートを発表していたが、主演を務めるジェイソン・モモアも自身のInstagramでロンドンから撮影の進捗をアップデートした。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Jason Momoa(@prideofgypsies)がシェアした投稿

ジェイソン・モモアOfficial Instagram

「やあ、ついにロンドン入りしたよ。天気は最高。明日から『アクアマン2』の撮影を開始するんだ。今日が茶髪の最終日、明日から金髪だよ。撮影は楽しいことになると思うから楽しみにしよう。ジェームズ・ワンや他のキャストにまた会えるのは嬉しいね」

 実は『アクアマン』では、ほとんど彼の地毛に近い、毛先が脱色したダークのアッシュブラウンだったモモア。これが金髪になるということは、自作はよりコミックのアクアマンに寄ったビジュアルになるのかもしれない。コミックといえば、次回作の内容の詳細は依然として発表されていないものの「シルバーエイジ」がキーワードになってきそう。

 『Aquaman and the Lost Kingdom(原題)』は、前作に引き続きジェームズ・ワンが監督を務め、デヴィッド・レスリー・ジョンソンが脚本を担当する。ジョンソンは2020年の3月にTwitter上でファンに対してQ&Aを実施し、『アクアマン2』に関しての質問にも答えていた。この時点ではワンと脚本を相談している段階で、特にコミックの特定のストーリーを実写化する予定はないと明かしつつ、作品全体の雰囲気を知るならブラック・マンタに焦点が当たった「シルバーエイジ」がもとになりそうということを示唆していた。

 キャストは前作に引き続きメラ役にアンバー・ハード、オーシャン・マスター役にパトリック・ウィルソン、ブラック・マンタことデイヴィッド・ケーン役にヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世、アーサーの父トム・カリー役にテムエラ・モリソンが続投する。

 DCエクステンデッド・ユニバースとして最高興収を稼いだ人気作だからこそ、続編の行方も気になるところ。引き続き最新情報をチェックしていきたい。

■アナイス(ANAIS)
映画ライター。幼少期はQueenを聞きながら化石掘りをして過ごした、恐竜とポップカルチャーをこよなく愛するナードなミックス。レビューやコラム、インタビュー記事を執筆する。InstagramTwitter

■作品情報
『アクアマン』
監督:ジェームズ・ワン
出演:ジェイソン・モモア、アンバー・ハード、ニコール・キッドマン、パトリック・ウィルソン、ウィレム・デフォー、ドルフ・ラングレン
TM and (c)DC (c)Warner Bros. Ent. Inc. All Rights Reserved.

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画シーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる