岡田准一が平手友梨奈を救出 『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』冒頭カーアクション映像公開

『ザ・ファブル』冒頭カーアクション映像公開

 公開中の映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』より、本編映像が公開された。

 本作は、累計発行部数900万部の人気を誇る南勝久のコミック『ザ・ファブル』(講談社『ヤンマガKC』刊)を映画化した2019年公開の『ザ・ファブル』の新シリーズ。主演の岡田准一のほか、木村文乃、堤真一、平手友梨奈、安藤政信、山本美月、佐藤二朗、佐藤浩市らが出演する。

映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』予告動画(カーアクション本編映像解禁!)【大ヒット上映中!】

 公開された本編映像は、映画冒頭のカーアクションシーンを捉えたもの。ボス(佐藤浩市)の命令で殺しを休業させられているファブル(岡田准一)が、殺し屋を休業する前の過去を描いたシーンとなる。

 ファブルによって殺されたターゲットが、車中で倒れ込むと同時にアクセルを踏んでしまい、涙を流す少女・ヒナコ(平手友梨奈)を乗せたまま車が暴走。突然の暴走とクラッシュした衝撃で車内で吹き飛ばされるヒナコの救出に向かうファブルは、軽々とボンネットに飛び乗り、窓ガラスの割れた扉にしがみついたまま車の外からハンドルを操作し、行き交う車と交錯しないよう立体駐車場を駆け抜けなんとか車内に入りヒナコの元に駆け寄る。

 宇高武志プロデューサーが「今回の解禁映像を見た上で映画館に来てもらっても、もっと驚いてもらえる自信があります」とコメントを寄せた本シーンは、オープニングながら約7日間もの撮影期間を要し、使用された暴走車は撮影のために特殊な改造が加えられた。

 アクション監督の横山誠は、「ファブルだったらという見え方を意識されながら、より危ない方にアクションを足していく」と、本作にかける岡田の熱意を語る。また、同シーンでは『仮面ライダー』シリーズなど、数々の作品でカースタントを担当してきた西村伸宏が参加したが、「カースタントというのは、最近では端折られがちなんです。でも、本作では頂いた台本の時点でけっこうな量があり、こちらとしても最初からスイッチが入りました」とカーアクションの撮影を振り返った。

■公開情報
『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』
全国公開中
出演:岡田准一、木村文乃、平手友梨奈、安藤政信、黒瀬純、好井まさお、橋本マナミ、宮川大輔、山本美月、佐藤二朗、井之脇海、安田顕、佐藤浩市、堤真一
原作:南勝久『ザ・ファブル』(講談社『ヤンマガKC』刊)
監督:江口カン
アクション監督:横山誠
ファイトコレオグラファー:岡田准一
主題歌:レディー・ガガ&アリアナ・グランデ「レイン・オン・ミー」(ユニバーサル ミュージック)
配給:松竹
企画・製作:松竹×日本テレビ
制作プロダクション:ギークサイト
(c)2021『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』製作委員会
公式サイト:https://the-fable-movie.jp/
公式Twitter:@the_fable_movie
公式Instagram:@fable_movie

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる