深田恭子、橋本環奈、瀬戸康史らが“L”ポーズ 『劇場版 ルパンの娘』キャラビジュアル公開

『劇場版 ルパンの娘』キャラビジュアル公開

 10月15日公開の深田恭子主演映画『劇場版 ルパンの娘』より、劇場版オリジナルのキャラクタービジュアルが公開された。

 代々泥棒一家である“Lの一族”の娘・三雲華(深田恭子)と、代々警察一家の息子・桜庭和馬(瀬戸康史)の禁断の恋を描いた『ルパンの娘』。2015年8月に発売され、各書店の文庫売上1位を獲得しロングセラーとなっている横関大の同名小説を原作に、2019年7月よりフジテレビ系列にてドラマ1作目の放送がスタート。翌2020年にはドラマ2作目が放送され、泥棒一家と警察一家に加え、新たに代々名探偵一家である北条家の娘・北条美雲(橋本環奈)が登場した。劇場版は、『ルパンの娘』の続編にして、最終章となる。

 主演の深田のほか、お馴染みのレギュラーキャストが引き続き出演。監督と脚本も、映画『翔んで埼玉』(2019年)の武内英樹監督と脚本家・徳永友一がドラマ版に引き続き担当する。

 キャラクタービジュアルでは、深田恭子演じる泥棒一家の娘・三雲華をはじめとした、 お馴染みのレギュラーキャストに加え、映画スペシャルゲストとなる観月ありさ演じる三雲玲を加えたキャラクターのビジュアルも公開。

 各キャラクターのイメージカラーで彩られたビジュアルは、それぞれの魅力的な特徴を「L」で表現し撮り下ろされたオリジナルのポーズとなっている。三雲華(深田恭子)は、本作のSNSでもお馴染みの“L“ポーズ、和馬(瀬戸康史)は、警察官らしく拳銃をLに見立てて凛々しい表情を見せる。

 Lの一族の美魔女すぎる母・悦子(小沢真珠)、一族の長男にして天才発明家・渉(栗原類)、一族の大黒柱・尊(渡部篤郎)らもそれぞれキャラクターに合わせたLポーズを披露。また、華と和馬の娘・杏(小畑乃々)は、テレビドラマ放送時にSNSを沸かせたあのポーズ、一族で唯一関西弁を話すちょっと変わったおばあちゃん・マツ(どんぐり)は、若者を中心に流行中のキュンですポーズで”L”を披露している。 

 さらに、ドラマ『ルパンの娘』(フジテレビ系)のリピート放送も決定。詳細は映画公式サイトにてアナウンスされる。

三雲華(深田恭子)
桜庭和馬(瀬戸康史)
三雲マツ(どんぐり)
三雲巌(麿赤兒)
三雲玲(観月ありさ)
三雲悦子(小沢真珠)
三雲尊(渡部篤郎)
三雲杏(小畑乃々)
円城寺輝(大貫勇輔)
桜庭和一(藤岡弘、)
三雲渉(栗原類)
北条美雲(橋本環奈)
previous arrow
next arrow
 
三雲華(深田恭子)
桜庭和馬(瀬戸康史)
三雲マツ(どんぐり)
三雲巌(麿赤兒)
三雲玲(観月ありさ)
三雲悦子(小沢真珠)
三雲尊(渡部篤郎)
三雲杏(小畑乃々)
円城寺輝(大貫勇輔)
桜庭和一(藤岡弘、)
三雲渉(栗原類)
北条美雲(橋本環奈)
previous arrow
next arrow

■公開情報
『劇場版 ルパンの娘』
10月15日(金)全国公開
出演:深田恭子、瀬戸康史、橋本環奈、小沢真珠、栗原類、どんぐり(竹原芳子)、観月ありさ、市村正親、藤岡弘、(特別出演)、大貫勇輔、小畑乃々、太田莉菜、マルシア、信太昌之、我修院達也、麿赤兒、渡部篤郎
原作:横関大『ルパンの娘』『ルパンの帰還』『ホームズの娘』(講談社文庫刊)
監督:武内英樹
脚本:徳永友一
音楽:Face 2 fAKE
配給:東映
(c)横関大/講談社 (c)2021「劇場版 ルパンの娘」製作委員会
公式Twitter:@lupin_no_musume
公式Instagram:@lupin_no_musume



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる