古川琴音初主演映画『春』10月1日公開へ 「怖いもの知らずの状態でお芝居していた」

古川琴音初主演映画『春』10月1日公開へ

 古川琴音が初主演を務める映画『春』が10月1日にアップリンク吉祥寺ほかにて公開されることが決定した。

 本作は、3年間祖父と二人暮らしをし、美術大学を卒業、現在CMなどのディレクターとして活躍する大森歩監督自身の経験を元に、祖父を介護する美大生の心情を描いた物語。京都国際映画祭2018など9つの映画祭でグランプリを受賞し、文化庁メディア芸術祭2019新人賞、主演の古川はTAMA NEW WAVEベスト女優賞を受賞した。

 古川が主人公・アミ役で映画初主演を飾り、20年間劇団東京ヴォードヴィルショーの中心メンバーとして活躍し、舞台を中心に活動をしている花王おさむが祖父役を演じた。さらに、『海辺の映画館-キネマの玉手箱』で被曝ピアノを演奏した加藤才紀子がアミのアニメオタクの同級生・橋本を演じる。

 あわせて公開されたポスタービジュアルでは、祖父の大きな背中と、それを見つめるアミの姿が切り取られている。そして、ポスター右には「子供になったジィちゃん。大人になる私。2人の思春期」という言葉が綴られている。

 なお、大森監督の新作『リッちゃん、健ちゃんの夏。』が本作と同時上映される。

コメント

古川琴音

本作は私にとっての初主演映画になります。
今から約3年前、この仕事をまさに始めたばかりというタイミングで頂いたお仕事でした。
主演のプレッシャーを感じようにも感じられない、ただやってみるしかない! という怖いもの知らずの状態でお芝居していたように思います。
3日間の短い撮影期間でしたが、暗中模索していたのでもっと長く撮っていたようにも感じます。そんな中で拠り所となったのが、大森監督のおじいさんへの想いでした。
撮影中に度々、監督からおじいさんのお話を聞くことがありました。
本人に直接言えなかった気持ちがこの物語にたくさん詰まっていることが分かり、私自身もこの作品を大切に思い、慎重になれたように思います。
楽しんでご鑑賞ください。ありがとうございます。

花王おさむ

上映決定、おめでとうございます。
私は、舞台の仕事が多いので、どうしても芝居をしようとしてしまいます。
大森監督には「芝居をしようとしないように」と言われ、どうしたら…と思っていましたが、撮影が3日間だけで、あれよあれよという間に撮ってくれたので、ああしよう、こうしようと考える暇もなく、それが逆に良かったのかもしれません。
孫役の古川琴音さんの自然な演技に、教えられることが多かったです。

■公開情報
『春』
10月1日(金)アップリンク吉祥寺ほかにて公開
監督・脚本:大森歩
出演:古川琴音、花王おさむ、加藤才紀子、西智子、伊勢田世山、松山茂雄
製作:AOI Pro. × 第8回きりゅう映画祭制作作品
配給:アルミード
(c)AOI Pro.
公式サイト:haru-natsu-movie.jp/haru
公式Twitter:https://twitter.com/harunatsujyouei
公式Facebook:https://www.facebook.com/harunatsujyouei
公式Instagram:https://www.instagram.com/haru_natsu_jyouei



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる