華やかなドレスとともに色づく日常 『テーラー 人生の仕立て屋』予告編&場面写真公開

『テーラー 人生の仕立て屋』予告編

 9月3日に全国公開される『テーラー 人生の仕立て屋』の予告編と場面写真が公開された。

 テッサロニキ国際映画祭でギリシャ国営放送協会賞、青年審査員賞、国際映画批評家連盟賞の三冠に輝いた本作は、新鋭女性監督、ソニア・リザ・ケンターマンの初長編監督作。美しいドレスを通して、人と人とが繋がり、苦難を乗り越える希望に満ちた物語を描く。主演を務めたのは、ギリシャのベテラン俳優、ディミトリス・イメロス。アテネの市街地や郊外、エーゲ海沿いなどの風景と、色とりどりのドレスたちが映画を彩る。

 寡黙なニコスはアテネで36年間、高級スーツの仕立て屋を父と営んできた。だがギリシャを不況が襲い、店は銀行に差し押さえられ、ショックで父は倒れてしまう。崖っぷちに立たされたニコスだったが、手作り屋台で「移動式テーラー」を始めることをひらめく。だが大きな屋台を背負って街に繰り出すも、道端で高級スーツは売れず……。途方に暮れるニコスに、「ウエディングドレスは作れる?」というオファーが舞い込む。紳士服一筋だったニコスは、世界にー着しかないオーダーメイドドレスを作り始めることになる。

『テーラー 人生の仕立て屋』予告編

 公開された予告編では、紳士服の専門の仕立て屋として生きてきた主人公が、家業を潰さないためにも女性服を学び始めると同時に、灰色だった画面全体のトーンがドレスの綺麗な生地によって色づいていく。

 あわせて公開された場面写真では、アテネの異国情緒に溢れた写真や、ニコスのドレス作りの様子も垣間見れる。さらに、7月2日からムビチケも販売開始。2日の正午から9日の11時59分まではタイムセールも実施されており、通常1500円のところ1300円で購入できる。

20210630_tailor_sub02
20210630_tailor_sub03
20210630_tailor_sub04
20210630_tailor_sub06
20210630_tailor_sub07
20210630_tailor_sub08
20210630_tailor_sub09
20210630_tailor_sub11
previous arrow
next arrow
20210630_tailor_sub02
20210630_tailor_sub03
20210630_tailor_sub04
20210630_tailor_sub06
20210630_tailor_sub07
20210630_tailor_sub08
20210630_tailor_sub09
20210630_tailor_sub11
previous arrow
next arrow

■公開情報
『テーラー 人生の仕立て屋』
9月3日(金)新宿ピカデリー、角川シネマ有楽町ほか全国公開
監督・脚本:ソニア・リザ・ケンターマン
出演:ディミトリス・イメロス、タミラ・クリエヴァ
配給:松竹
後援:駐日ギリシャ大使館 
2020年/ギリシャ・ドイツ・ベルギー/ギリシャ語・ロシア語/101分/スコープ/カラー/5.1ch/英題:Tailor/日本語字幕:星加久実/字幕監修:柳田富美子
(c)2020 Argonauts S.A. Elemag Pictures Made in Germany Iota Production ERT S.A.
公式サイト:movies.shochiku.co.jp/tailor

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる