ダイアン・レインとケヴィン・コスナーが異様な一家に戸惑う 『すべてが変わった日』特報

『すべてが変わった日』特報映像

 8月6日に公開されるダイアン・レインとケビン・コスナーの共演作『すべてが変わった日』の特報映像と場面写真が公開された。

 全米興行収入ランキングで初登場第1位を記録した本作は、1960年代を舞台にしたサイコスリラー。『幸せのポートレート』『恋するモンテカルロ』のトーマス・ベズーチャが監督を務めた。

 レインとコスナーのほか、『ファントム・スレッド』のレスリー・マンヴィル、『プライベート・ライフ』のケイリー・カーター、『バーン・ノーティス 元スパイの逆襲』のジェフリー・ドノヴァン、『ディセンダント』のブーブー・スチュワートが出演する。

 1963年、モンタナ州の牧場で元保安官のジョージ・ブラックリッジ(ケヴィン・コスナー)と妻のマーガレット(ダイアン・レイン)は、落馬の事故で息子のジェームズを失う。3年後、未亡人として幼い息子のジミーを育てていた義理の娘のローナ(ケイリー・カーター)が、ドニー・ウィボーイ(ウィル・ブリテン)と再婚。暴力的なドニーがローナとジミーを連れてノースダコタ州の実家に引っ越したと知ったマーガレットは、義理の娘と孫を取り戻すことを決意する。しかしジョージとマーガレットを待ち受けていたのは、暴力と支配欲ですべてを仕切る異様な女家長、ブランシュ・ウィボーイ(レスリー・マンヴィル)だった。

『すべてが変わった日』特報映像

 公開された特報映像は、「私たちの孫を探しているの」というジョージとマーガレットの姿から始まる。義理の娘が再婚した夫に殴られたところを目撃し、何も言わずに姿を消した娘と孫の行方を追う2人の姿、行方を追った先に待ち受けていた異様な一家に戸惑う様子が映し出されていく。後半は畳み掛けるように、不穏な雰囲気に様変わりし、平手打ちされるジョージ、屈強な男たちに抑え込まれるマーガレット、銃を手に威嚇するブランシュとマーガレットが映し出される。

 あわせて公開された場面写真では、馬にまたがるコスナーの姿や、レインとカーターが心配そうな表情で佇む姿が切り取られている。

20210623-lethimgomain02
20210623-lethimgomain05
20210623-lethimgomain04
20210623-lethimgomain03
previous arrow
next arrow
 
20210623-lethimgomain02
20210623-lethimgomain05
20210623-lethimgomain04
20210623-lethimgomain03
previous arrow
next arrow

■公開情報
『すべてが変わった日』
8月6日(金)TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー
監督・脚本:トーマス・ベズーチャ
原作:ラリー・ワトソン
出演:ダイアン・レイン、ケビン・コスナー、レスリー・マンヴィル、ケイリー・カーター、ジェフリー・ドノヴァン、ブーブー・スチュワート
配給:パルコ ユニバーサル映画
(c)2020 Focus Features LLC. All Rights Reserved.
公式サイト:subetegakawattahi.com



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる