『クワイエット・プレイス』は続編を作る予定じゃなかった? J・クラシンスキー監督が語る

『クワイエット・プレイス』続編製作の背景

 6月18日に公開される『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』の監督を務めたジョン・クラシンスキーからコメントが到着した。

 本作は、2018年全米で公開され、全米累計興収1億8800万ドル以上を稼ぎ出し、2018年度No.1(BoxOfficeMojo調べ)ヒットホラーとなった映画『クワイエット・プレイス』の続編。キャストは前作同様、母親・エヴリン役のエミリー・ブラントをはじめ、自身も役柄と同じ聴覚障害を持つミリセント・シモンズと『フォードVSフェラーリ』のノア・ジュプが、娘・リーガン役と息子・マーカス役で続投。実生活でもブラントと夫婦で知られ、夫のリー役&監督を務めたクラシンスキーが今作でもメガホンを取った。そして、新キャストとして、『ダンケルク』のキリアン・マーフィー、『キャプテン・マーベル』のジャイモン・フンスーが加わった。

 2018年、音に反応し、生物すべてを殺戮する“何か”から逃れようとする家族の固い絆が、絶え間ない緊張感と、家族の重層的な物語を織り交ぜて描かれた『クワイエット・プレイス』は、驚くほどのヒットを記録し、大きな話題をさらった。大ヒットとなった作品なので、当然、続編を視野に入れていたと思いきや、クラシンスキ―監督は「続編を作るつもりではなかった」と語る。そして「この物語はシリーズ化できるような設定じゃなかったからね。でも最初に作り上げた世界が強固だったから、その世界をもっと掘り下げて、アボット家の行く末を考えてみたいと思うようになった」と、本作で描かれる“何か”が現れるDAY1を描くという前作のストーリーを深堀りする構想に繋がる考えを持っていたことをも明かす。

 クラシンスキーにとって最も重要だったのは、もし自分が続編を担当するなら、第1作と同じように単なる恐怖体験以上の要素を含んだ作品にするということだった。さらに、家族の精神的な関係性をまた一歩前に進めた作品にすることーー今回は、一家が独立とコミュニティに向き合う作品にすることだった。「1作目の成功を受けて続編の話が出るだろうとはわかっていたけど、意図に賛同できないものや、不自然に思えるものには関わりたくないと思っていた。だから、別の脚本家や監督が引き継いでも構わなかった。だけど、頭のなかにアイデアの種が生まれたんだ」とクラシンスキー監督は振り返る。「そのアイデアとは、親であることをまた別の角度から考えてみて、子供が安全な家を離れて世に出て行く際に起こる自然な変化について掘り下げることだった」とクラシンスキ―監督は言い、プロデューサーのアンドリュー・フォームは「前作は、農場の家に暮らす家族の親密な物語だった。観客は家族を死に至らしめる“何か”の恐怖は目撃したが、アボット家以外の世界がどうなっているのかはわからない。そのあたりをもう少し明らかにしていこうと思ったんだ」と、家の中から、危険に溢れる外の世界を舞台にすることで、アボット家以外の世界も“何か”によって変化したことを掘り下げていくことができると考えたことを明かした。

 住み慣れた家を離れ、危険に溢れた外の世界に踏み入れたアボット家だが、彼らに襲い掛かる“何か”はどのようにしてこの世界にやってきたのか、そして外の世界で彼らは何を見て、どのような結末を迎えるのか。

■公開情報
『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』
6月18日(金)全国公開
監督・脚本・製作・出演:ジョン・クラシンスキー
製作:マイケル・ベイ、アンドリュー・フォーム、ブラッド・フラ-
出演:エミリー・ブラント、ミリセント・シモンズ、ノア・ジュプ、キリアン・マーフィー、ジャイモン・フンスー
配給:東和ピクチャーズ
(c)2021 Paramount Pictures. All rights reserved.
公式サイト:https://quietplace.jp/
公式Twitter:@Quietplace_JP

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる