地上に降り立った残虐宇宙人と極悪少女が遭遇 『サイコ・ゴアマン』予告編公開

『サイコ・ゴアマン』予告編公開

 7月30日よりシネマート新宿ほかにて公開される『サイコ・ゴアマン』の予告編が公開された。

 

本作は、カナダの過激映像集団アストロン6のメンバーで、『バイオハザードV リトリビューション』、『パシフィック・リム』などに特殊効果としても参加してきた、目覚ましい活躍を見せるクリエイター、スティーヴン・コスタンスキ監督の最新作。コスタンスキ監督が「もし自分にコントロールできるモンスターがいたら?」という自身が幼少期に思い描いた夢を、子ども向けテイスト+スプラッターという組み合わせで再現した。

 ある日、庭で遊んでいた勝ち気な少女ミミと兄ルークは、ひょんなことから地底に太古から埋められ、銀河で恐れられていた名前のない悪魔“残虐宇宙人”をよみがえらせてしまう。怒りと憎しみの感情しか持たず、計り知れない特殊能力を持った残虐宇宙人の復活により、地球は絶体絶命の危機に。しかし、光る謎の宝石をミミが手にしたとき、残虐宇宙人はミミに絶対服従せざるを得なくなる。暗黒の覇者でありながら1人の少女に逆らえない残虐宇宙人は、サイコ・ゴアマンと名付けられ、子どものいたずらに付き合うはめに。その頃、銀河系の怪人たちが残虐宇宙人の復活を察知、宇宙会議を開き、サイコ・ゴアマン抹殺のため地球に向かおうとしていた。

映画『サイコ・ゴアマン』予告編

 公開された予告編は、宇宙の果てにあるガイガックスという惑星に“名前のない悪魔”が君臨したと告げる場面からスタート。その悪魔は、溶岩のように黒くゴツゴツとした姿で、簡単に地球を破壊できるほどの特殊な能力を持つ恐ろしい残虐宇宙人だった。さらに、スーツアクターによる個性豊かな宇宙怪人たちや、中には日本語を話すキャラクターの姿も登場し、少女ミミが怪人に立ち向かう場面などが描かれている。

0616_psycho_goreman_sub1
0616_psycho_goreman_sub2
0616_psycho_goreman_sub8
0616_psycho_goreman_sub7
0616_psycho_goreman_sub6
0616_psycho_goreman_sub5
0616_psycho_goreman_sub4
0616_psycho_goreman_sub3
previous arrow
next arrow
0616_psycho_goreman_sub1
0616_psycho_goreman_sub2
0616_psycho_goreman_sub8
0616_psycho_goreman_sub7
0616_psycho_goreman_sub6
0616_psycho_goreman_sub5
0616_psycho_goreman_sub4
0616_psycho_goreman_sub3
previous arrow
next arrow

■公開情報
『サイコ・ゴアマン』
7月30日(金)より、シネマート新宿ほか全国順次公開
監督・脚本:スティーヴン・コスタンスキ
製作総指揮:ジェシー・クリステンセン
製作:スチュアート・F・アンドリューズ、シャノン・ハンマー、スティーヴン・コスタンスキ
出演:ニタ=ジョゼ・ハンナ、オーウェン・マイヤー、アダム・ブルックス、アレクシス・ハンシー、マシュー・ニネバー
撮影:アンドリュー・アペル
編集:アンドリュー・アペル、スティーヴン・コスタンスキ
音楽:ブリッツ//ベルリン
提供:キングレコード
配給:アンプラグド
2020年/カナダ映画/95分/スコープ/5.1ch/DCP/原題:PG(PSYCHO GOREMAN)/PG12 
(c)2020 Crazy Ball Inc.
公式サイト:pg-jp.com



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる