『ジャングル・クルーズ』劇場公開日が7月29日に変更 30日からはディズニープラスでも配信

 ディズニーランドの定番アトラクションを映画化する『ジャングル・クルーズ』の映画館公開日が1日早まり7月29日に変更、あわせてディズニープラスのプレミア アクセスにて7月30日より配信されることが決定した。

 本作は、ウォルト・ディズニーによる最初のディズニーランドに、1955年のオープンと同時に作られた、ジャングルをボートで探検する“ジャングルクルーズ”をスペクタクル・アドベンチャーとして映画化するもの。アマゾンに伝わる不老不死の伝説、“奇跡の花”を手にした者は、永遠の命を手にすると伝えられていた。その秘宝を追い求めて抜群の行動力と探求心を兼ね備えた女性医師のリリーは、ミステリアスで危険に満ちたアマゾンのジャングルへ出発する。

 彼女が相棒に選んだのは、観光客相手のクルーズ・ツアーの船長フランク。ジャングルに生息する珍しい動物や、スリルあふれる先住民の村、“滝の裏側”などの名所の数々を、ジョーク(ときにヤラセも)を交えながら観光客相手にガイドする。目的地は、「伝説に近づく者は全て呪われる」と言われる、アマゾンの上流奥深くの“クリスタルの涙”。はたして、そこで彼らを待ち受ける、謎に包まれた恐るべき真実とは。

 ジャングルを知り尽くした頼れる船長フランクを演じるのは、『ワイルド・スピード』シリーズ、『ジュマンジ』シリーズのドウェイン・ジョンソン。自身の初主演作を観に行った映画館で、ジョニー・デップ主演の『パイレーツ・オブ・カリビアン』の予告編を見た際、そのスケールと冒険の世界に素直に感動を覚え、いつかアトラクションから生まれた映画に出演することが夢となり、目標になったというジョンソン。そんな彼の20年来の夢が本作で実現した。女性医師リリーを演じるのは、『メリー・ポピンズ リターンズ』『クワイエット・プレイス』のエミリー・ブラント。『アンノウン』『フライト・ゲーム』『ラン・オールナイト』のジャウム・コレット=セラが監督を務める。

映画「ジャングル・クルーズ」特報 ロングver.

  あわせて公開された特報映像では、驚くべき身体能力を持つ女性博士リリーが“月の涙”を探しに船を出せる者を探しにいく。そして、クルーズでやらせばかりの演出をして客を楽しませる船長のフランクに出会い、共に冒険に出発する姿が捉えられている。

■公開情報
『ジャングル・クルーズ』
7月29日(木)映画館&7月30日(金)ディズニープラス プレミア アクセス公開
※プレミア アクセスは追加支払いが必要です。
監督:ジャウマ・コレット=セラ
出演:ドウェイン・ジョンソン、エミリー・ブラント
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン 
(c)2021 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる