重力に逆らい建物の外壁で垂直に踊るシーンも 『イン・ザ・ハイツ』日本版予告&ポスター

 7月30日に公開される『イン・ザ・ハイツ』の日本版予告とポスタービジュアルが公開された。

 原作は、ピューリッツアー賞、グラミー賞、エミー賞、トニー賞、ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームの星を受賞するなど、ミュージカル界のみならずエンターテインメント業界にその名を轟かすリン=マニュエル・ミランダの同名ミュージカル。作詞・作曲家、脚本家、俳優、ラッパーとして活躍するミランダは、ブロードウェイ・ミュージカル『ハミルトン』にて、トニー賞最優秀作品賞をはじめ11部門を受賞した。

 そんな彼の処女作にして、トニー賞で作品賞と楽曲賞を含む4部門を受賞(13部門ノミネート)した『イン・ザ・ハイツ』は、映像化が望まれながらもこれまで実現することのなかったミュージカル。映画化権争奪の末、待望の映画化となった。

 舞台はワシントン・ハイツ。祖国を遠く離れた人々の暮らすその街は、いつも歌とダンスであふれている。そこで育ったウスナビ(アンソニー・ラモス)、ヴァネッサ(メリッサ・バレラ)、ニーナ(レスリー・グレース)、ベニー(コーリー・ホーキンズ)の4人は、仕事や進学、恋につまずきながら、それぞれの夢を追っている。ある真夏に起こった大停電の夜、彼ら4人の、そして熱い絆でつながるワシントン・ハイツの人々の運命が、大きく動き出す。

 ディズニーアニメーション『モアナと伝説の海』でラップを含む映画音楽の作詞・作曲を手がけたミランダだが、自身の宝物ともいえる『イン・ザ・ハイツ』への力の入れようは別格。原案のみならず製作、作詞・作曲を担当した。本作では、主要キャストにアジア系俳優のみを起用し、全米3週連続No.1を記録するなど世界中で大ヒットとなった『クレイジー・リッチ!』のジョン・M・チュウ監督とタッグを組んだ。キャストには『アリー/ スター誕生』のアンソニー・ラモス、『キングコング:髑髏島の巨神』『ブラック・クランズマン』のコーリー・ホーキンズ、シンガーソングライター/歌手のレスリー・グレースが集結した。

映画『イン・ザ・ハイツ』予告編

 公開された予告編は、主人公ウスナビが回想するシーンから始まる。「昔々、ここから離れたニューヨークにワシントンハイツという場所があった」と語り、拳でリズムをとると、歌とダンスであふれたワシントンハイツでの日常が展開される。物語が歌で進行するミュージカル作品だが、本作ではその歌の一つにラップが使用されている。また予告の後半には、重力に逆らい、建物の外壁で垂直に踊るシーンや、人々が一斉にプールや路上で踊るシーンなどのパフォーマンスがふんだんに盛り込まれている。さらに、楽曲の歌詞には「どんな時も僕らは立ち上がる。自分だけの夢を追い続けろ」など、力強いメッセージが込められている。

 あわせて公開された日本版ビジュアルは、街のシンボルであるジョージ・ワシントン・ブリッジを背景に、主役4人の踊る姿が描かれている。ウスナビとヴァネッサ、ベニーとニーナがそれぞれ手を取り合っており、予告編ではウスナビが意中のヴァネッサに声をかけるも玉砕する様子が収められていたが、劇中の恋模様も想像させるビジュアルとなっている。

■公開情報
『イン・ザ・ハイツ』
7月30日(金)全国ロードショー
監督:ジョン・M・チュウ
製作:リン=マニュエル・ミランダ
出演:アンソニー・ラモス、コーリー・ホーキンズ、レスリー・グレース、メリッサ・バレラ、オルガ・メレディス、ジミー・スミッツ
配給:ワーナー・ブラザース映画
(c)2020 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる