大阪、京都、名古屋で「2021年香港インディペンデント映画祭」開催 上映作品全18作も発表

 「2021年香港インディペンデント映画祭」が、6月19日より大阪シネ・ヌーヴォ、6月25日より京都出町座、7月中旬より名古屋シネマスコーレにて開催されることが決定した。

 2014年、香港の高校生、大学生たちが中心となり“真の普通選挙”を求め行われた雨傘運動。1997年香港返還以後に育った若者たちは、基本法の“一国二制度”に基づき保証された“高度な自治”が揺るがされるのを目の当たりにし、“香港人”としてのアイデンティティを強く意識した。そして2019年の逃亡犯条例修正に端を発するデモは、2020年「香港国家安全維持法」の施行により、民主化活動家に実刑判決が下され、香港の高度な自治が脅かされている。

 そうした中、香港のインディペンデント映画は、香港の政治的状況、社会の変化を描き続けてきた。今回は日本初公開となる長編5作品、短編13作品となる全18作品が公開される。

 本映画祭の主催者で、映画監督のリム・カーワイは、いま日本で香港のインディペンデント映画を上映する意味について、「『2021年香港インディペンデント映画祭』は、必ずしも抗争をそのまま描く映画ばかりではなく、雨傘運動の失敗後から2020年まで香港の若者がいったいなにを考えていたのか、そしてなぜ彼らが死を覚悟しながら、抗争に命懸けで積極的に参加したのか、多種多彩の映画を通じて日本の方々に理解していただく助けになればと考えている」とコメントを寄せた。

リム・カーワイ(映画監督、2021年香港インディペンデント映画祭主催)コメント

2017年、東京、名古屋、大阪の3都市で開催された第1回「香港インディペンデント映画祭」は好評をもちまして終了となった。本映画祭で、日本初上映された、雨傘運動を描いたドキュメンタリー映画『乱世備忘 僕らの雨傘運動』(チャン・ジーウン監督)、北京近郊の芸術村で起きた、政治がいかに芸術家を監視し、追い詰めた事件を描いた『アウト・オブ・フレーム』(ウィリアム・クォック監督)はそれぞれ山形国際ドキュメンタリー映画祭と福岡アジア映画祭で作品賞を獲得した。映画『乱世備忘 僕らの雨傘運動』は劇場でも公開され、話題を呼んだ。本映画祭では多種多彩な作品を通じて、2014年に香港ではなぜ雨傘運動が起きたか、直接の政治的な原因以外に間接的な原因として、例えば香港人のアイデンティティの形成、返還後中国との関係や日常生活における問題など、様々な要因を提示することで、日本の観客に考えるヒントを提供することになった。

雨傘運動の5年後の2019年6月から誰も予想だにしなかった、雨傘運動よりも大規模で激しい抗争運動が起き、それは新型コロナウイルスが流行し始める時期まで長期間続いた。そして、コロナ禍の真っ最中、23年目の返還記念日に、なんと中国政府が香港で国家安全維持法の実施を採決し、香港の中国返還で約束された一国二制は事実崩壊したのではないかと世界各国から懸念されることになった。本映画祭が開催された 2017年からコロナ禍が起きるまで、この数年間の社会と政治状況の激変に対応して、誠実に描く劇映画とドキュメンタリー映画も数多く作られたが、その殆どが映画会社が作った商業映画ではなくて、自主映画だった。映画業界の自己検閲もあって、残念ながら、そういう映画は香港の劇場で一般公開までにされることはなかった。2020年のロッテルダム国際映画祭では、香港で上映されなかった政治的なテーマを持った自主映画の特集が組まれ、国際的にも大きな反響を得た。残念ながらそのような映画は日本ではまだ一本も紹介されていない。「2021年香港インディペンデント映画祭」は、そのような映画を精選して上映する予定ですが、必ずしも抗争をそのまま描く映画ばかりではなく、雨傘運動の失敗後から2020年まで香港の若者がいったいなにを考えていたのか、そしてなぜ彼らが死を覚悟しながら、抗争に命懸けで積極的に参加したのか、多種多彩の映画を通じて日本の方々に理解していただく助けになればと考えている。今回紹介する映画はもう一つ特徴がある。それは雨傘運動が起きてから、特に自主映画の分野では突然沢山の新人女性監督が現れたことだ。これらの作品を鑑賞していただければ、日本の観客も香港の女性監督の勇気と才能、社会へ関心の深さに感服するだろう。

上映作品

僕は屈しない

《地厚天高》Lost in the fumes 2017年/93min/カラー/広東語
監督:ノーラ・ラム
プロデューサー:ヴィンセント・チュイ

逆さま

《對倒 》Tete-Beche 2017年/78min/劇映画/カラー/広東語
監督:ルーサー・ン
出演:ベン・ユエン、ン・ウィンシー、ニック・ヤン

逆向誘拐

《逆向誘拐》Napping Kid 2018年/98min/カラー/広東語
監督:アモス・ウィ
出演:セシリア・ソー、ン・シウヒン、ディビッド・シウ

あなたを思う

《看見你便想念你》 I miss you, when I see you 2018年/93min/カラー/広東語
監督:サイモン・チュン
出演:ジュン・リー、ライアント・マック

理大囲城

《理大圍城》Inside the Red Brick Wall 2020年/88min/カラー/広東語
監督:香港ドキュメンタリー映画工作者

2019年香港民主化デモ傑作短編集

立法会占拠

《佔領立法會》Taking back the Legislature 2019年/45分/カラー/広東語
監督:香港ドキュメンタリー映画工作者

私たちのやり方

《用自己方式的時代》The Time of Individual 2019年/13分/カラー/広東語
監督:カナス・リウ

仲間たち

《手足》Comrade 2019年/15分/カラー/広東語
監督:カナス・リウ

試行錯誤

《Trial and Error》 2019年/12分/カラー/広東語
監督:カナス・リウ

誰も見捨てない

《缺一不可》No One Less 2019年/15分/カラー/広東語
監督:カナス・リウ、サム・ツァン

「香港、アイラブユー」短編集

暴動の後、光復の前

《暴動之後,光復之前》After the Riots,Before the Liberation 2020年/15分/カラー/広東語
監督:イウ・チョンホン

尋ね人

《尋人啟事》Missing 2020年/17分/カラー/広東語 
監督:ジュ・カーシェン
出演:ロー・ジャンイップ

ラブレター

《和你寫一封情書》Loves,with Love 2020年/14分/カラー/広東語
監督:ジョミン・チャン

初めての夜

《第一晚》Blue Hour 2020年/12分/カラー/広東語
監督:サム・イップ

1944年の秋

《四四年秋》1944,Days of Fall  2020年/9分/カラー/広東語
監督:フィッシャー

ホワイトナイト

《天暗亦明》White Night  2020年/21分/カラー/中国語
監督:チョウ・キンカン

町へ出よう

《出去》Going Out  2020年/14分/カラー/広東語
監督:ジェイソン・イウ

レモン、牛乳

《檸檬,牛奶》Lemon Milk 2020年/15分/カラー/広東語 
監督:ワイリー・チャン
出演:ン・ウィンシー、ロー・ジャンイップ

■開催情報
「2021年香港インディペンデント映画祭」
6月19日(土)~25日(金)大阪シネ・ヌーヴォにて開催
6月25日(金)~7月8日(金)京都出町座にて開催
7月中旬より名古屋シネマスコーレにて開催
主催:cinema drifters(日本)、影意志(香港)
共催:シネ・ヌーヴォ、出町座、シネマスコーレ
公式サイト: https://jphkindie.wixsite.com/2021

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる