横浜流星の美しすぎる名キスシーン誕生 『着飾る恋には理由があって』ついに向井理が帰還

横浜流星の美しすぎる名キスシーン誕生 『着飾る恋には理由があって』ついに向井理が帰還

 一番お気に入りのアイシャドウに、お気に入りのイヤリングを付け、「レベル10」の姿で挑むデートほど頼もしい姿はない。しかしその一方で、ありのままの自分をどっしり受け止めてくれる存在に揺らいでいく気持ちにも大きく頷いてしまう。

 『着飾る恋には理由があって』(TBS系)の第5話では、正反対の真柴(川口春奈)と駿(横浜流星)が価値観の違いを乗り越えて前に進もうとする姿が描かれる。

 「……たぶん好きだね」、「……たぶん、好き」、お互いに想いを伝え合ったかに見えた真柴と駿だが、噛み合わないことばかりが続く。真柴はそんな関係性にモヤモヤしていた。さらには二人のことをシェアハウスのメンバーに知らせることに関しても、駿は「いいんじゃない、流れで」とあっさりした回答。真柴の不安な想いはますます募っていった。

 一方、同じシェアハウスで暮らす陽人(丸山隆平)の元には、相談者の舟木(黒川智花)からの予約が増え、いい距離を保てなくなっていた。とうとう舟木は、陽人のはとこであることを理由に駿のキッチンカーを訪れる。そのことで舟木の行動がエスカレートしていると感じた陽人は、「もし俺を、相談相手以上に思ってくれているなら、応えられへん」とはっきり伝えるのであった。その言葉に激情した舟木は駿のせいだと思い込み、突然キッチンカーに立てこもってしまう。

 陽人が駆けつけたことで事なきを得たが、そこで駿が舟木のために伝えた「自分の価値は、自分で決める」という言葉こそが、同じように仕事で悩む真柴を勇気づけるのだった。真柴は「考え方も、習慣も、価値観も正反対だけど、私にないもの、たくさん持ってる。藤野さんのこと、もっと知りたい。そう思えるうちは、一緒にいるって決めた。流れのまま、水の如く」と駿との関係に前向きな決意をしたことを伝えるのであった。

 つい頑張りすぎてしまう真柴にとって、駿と過ごす時こそが、誰よりもリラックスできるかけがえのない時間に見える。駿の言葉がじんわりと真柴の心に溶け、そのたびに真柴は、自分にないものを持っている駿に惹かれていくようだ。葉山(向井理)は、真柴の頑張りを評価し共に走ってくれる存在だったが、駿は、頑張っていない時の等身大の真柴を受け止める存在だ。期待に応えることや、オンとオフの切り替えで苦労する真柴にとって、こうした駿の考え方は唯一“頑張らなくてもいい”と自分を許せる時間なのだろう。湯船に浸かってそっと疲れをほぐすように、ふたりが並んでリラックスしながら1日を終えるシェアハウスのソファーが、真柴の本当の居場所なのではないか。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる