草なぎ剛、“やっちまった”慶喜の怒りと笑顔 『青天を衝け』第1回とは別視点の運命の出会い

『青天を衝け』第1回とは違う視点の出会い

 「公儀は横浜の鎖港を断固やる」という暴論ついでにぶち込んださらなる暴論によって、参与たちによる会議を消滅させ、京での政治主導権を幕府の手に戻すことに成功する。酒の力を借り、とうとう“やっちまった”慶喜の脳裏によぎるのは、「天下の志士が集まれば、この一橋が生き生きするに違いねぇ。やむをえねぇ。やっちまいましょう! そうだい、これだ! その時こそ、この一橋が天下を治めるのです!」と我を忘れて再び建白という名の暴言を吐く栄一の姿だった。かつての円四郎を想起させる栄一とその姿勢に少しづつ影響を受けつつある慶喜。「快なり!」と叫ぶ慶喜に一橋の家来たちは烈公と謳われた斉昭(竹中直人)の姿を重ね、慶喜とともに徳川の復権を誓うのだった。

 第15回「篤太夫、薩摩潜入」では、一橋の家臣となった栄一と喜作が円四郎からそれぞれ「篤太夫」「成一郎」の新しい名を授かる。篤太夫の初仕事は、薩摩藩士・折田要蔵(徳井優)の隠密調査。そこで篤太夫はあの“西郷どん”こと西郷吉之助(博多華丸)と出会うこととなる。

■渡辺彰浩
1988年生まれ。ライター/編集。2017年1月より、リアルサウンド編集部を経て独立。パンが好き。Twitter

■放送情報
大河ドラマ『青天を衝け』
NHK総合にて、毎週日曜20:00~放送
BSプレミアムにて、毎週日曜18:00~放送
BS4Kにて、毎週日曜9:00~放送
出演:吉沢亮、小林薫、和久井映見、村川絵梨、藤野涼子、高良健吾、成海璃子、田辺誠一、満島真之介、岡田健史、橋本愛、平泉成、朝加真由美、竹中直人、渡辺いっけい、津田寛治、草なぎ剛、堤真一、木村佳乃、平田満、玉木宏ほか
作:大森美香
制作統括:菓子浩、福岡利武
演出:黒崎博、村橋直樹、渡辺哲也、田中健二
音楽:佐藤直紀
プロデューサー:板垣麻衣子
広報プロデューサー:藤原敬久
写真提供=NHK

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる