『まめ夫』とわ子の“奇妙さ”の正体とは 松たか子が坂元裕二作品で体現するヒロイン像

『まめ夫』とわ子の“奇妙さ”の正体とは 松たか子が坂元裕二作品で体現するヒロイン像

 代表作の一つである『HERO』(フジテレビ系)シリーズの雨宮舞子や、愛のムチで夫を奮い立たせた『ノーサイド・ゲーム』(TBS系)の君嶋真希、さらには『アナと雪の女王』のエルサまで、正統派ヒロインのイメージが強い松たか子だが、坂元裕二作品においてはミステリアスな印象だ。白とも黒とも読めない絶妙な表情がなんとも謎めいており、その内側には小さな願いを秘めている。

 たとえば、『カルテット』(TBS系)で数奇な人生を歩むしかなかった巻真紀には「普通の人になりたい」という願望が常にあった。次作『スイッチ』(テレビ朝日系)で演じた弁護士の蔦谷円を突き動かしていたのも、「悪人は正当な裁きを受けてほしい」という至極真っ当な想いだ。

 現在放送中の『大豆田とわ子と三人の元夫』(カンテレ・フジテレビ系)の大豆田とわ子に真紀や円のような物々しい雰囲気はないが、彼女の第一印象も“よく分からない人”ではある。なによりも伊藤沙莉の軽快なナレーションが彼女のことを“奇妙”だと印象付けており、元夫たちによって大豆田とわ子のキャラクターを一つ一つ紐解いている状態だ。

 大豆田とわ子に関する最大の謎といえば、余計なお世話だが「なぜ三回も結婚したのか?」の一点に尽きる。もちろん結婚ならではのメリットは大いにあるだろうし、様々な関係性が認められるようになった今の時代も、男女が選ぶもっともスタンダードな形式は“結婚”だ。

 一方で、結婚には多かれ少なかれ煩わしさも伴う。「ただただ、ただただ恋愛が邪魔。男と女の関係が面倒くさいの」と零した親友・かごめ(市川実日子)のように、前段階である“恋愛”を億劫に感じている現代人も少なくない。キラキラとした時間をともに過ごしていた人が、ある瞬間から山となって立ちはだかり、自分を見失ってしまいそうなこともある。あらゆる家族に例えられた大豆田とわ子のことをあえて“恋人”と形容しなかったのは、かごめが思い描く男女関係の先に必ず“別れ”があるからだろう。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アクター分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる