土屋太鳳ら集結『アイの歌声を聴かせて』興津和幸、小松未可子、日野聡からコメント到着

 今秋公開される長編オリジナルアニメーション映画『アイの歌声を聴かせて』に出演する、興津和幸、小松未可子、日野聡からコメントが寄せられた。

(左から)日野聡、興津和幸、小松未可子

 本作は、『サカサマのパテマ』で文化庁メディア芸術祭アニメーション部門優秀賞、『イヴの時間』で東京国際アニメフェアOVA部門優秀作品賞を受賞した吉浦康裕が原作・監督・脚本を務める最新作。『∀ガンダム』『コードギアス 復活のルルーシュ』『ルパン三世 PART5』の大河内一楼が共同脚本を手がけ、『海辺のエトランゼ』原作者で漫画家・紀伊カンナがキャラクター原案を担当。『ワンパンマン』『斉木楠雄のΨ難』『食戟のソーマ』のJ.C.STAFFがアニメーション制作、『のだめカンタービレ』『ハチミツとクローバー』の島村秀一が総作画監督を務める。声優キャストとして、土屋太鳳、福原遥、工藤阿須加の出演が決定している。

 『劇場版SHIROBAKO』『ジョゼと虎と魚たち』の興津は、勉強も運動もそつなくこなすイケメン・ゴっちゃんを務める。クラスでも男女ともに人気があり、アヤと付き合ってはいるものの、ある理由で今や少し距離を置いている高校生。

 『劇場版Fate/Grand Order-神聖円卓領域キャメロット-』前編/後編の小松は、サトミのクラスメイトで気の強いアヤを演じる。ゴっちゃんと付き合っているが、最近は少しうまくいっておらず、彼が他の子と話していると嫉妬してしまうキャラクターとなっている。

 現在北米でも大ヒット中の『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』で煉獄杏寿郎を演じる日野が、サンダーを担当。柔道部に所属し、人一倍熱心に練習に打ち込んでいるが試合には勝ったことがない高校生で、密かにシオンのことが気になっている。

興津和幸(ゴっちゃん役)コメント

台本・Vコンテを見た感想

完全オリジナル作品ということで、どんな物語が繰り広げられるのだろうとワクワクしながら台本を手にしました。台本をめくり、いざリハーサルビデオを再生すると、人の声で表現された効果音が所狭しと聞こえてきました。
そう、作品をイメージしやすいようにと監督自らSE音を発してくれていたのです!!
そして、さらにっ! 歌声が聞こえてきて、もっともっとワクワクが増したのでした☆

演じたキャラクターの役柄と、アフレコの感想

私が声を演じる『ゴッちゃん』は【イケメン】です!(笑)
小松未可子さん演じる『アヤ』とお付き合いしてるのですが、どうやら上手くいってないらしいのです。元から仲が悪いのではなく、付き合っている2人がギクシャクしてるという雰囲気を演じるのが、難しくもあり楽しかったです☆

ファンへのメッセージ

とても素敵で楽しい青春映画!! になっている! はずっ!!(笑)
「はず」というのは、アフレコは早い段階で行われていたので完成版をみていないからです☆監督がこだわり抜いた、音と映像が一体となった完成版を早く見たい!
私も皆さんと同じように上映を心待ちにしてます!!
みなさんも是非お楽しみに!!!

小松未可子(アヤ役)コメント

台本・Vコンテを見た感想

「幸せ」って何だろう?
今目の前に求めている幸せ、足りないものを埋めるための幸せ、誰かのことを思う幸せ、未来のための幸せ、振り返った時に初めて分かる幸せ。
考え出すと難しいけど、もしかしてそれは、すぐそばにあるささやかなものかもしれない。
そしてそれに気づくきっかけをくれる大切な出会い。
自分の人生にもそんな存在がきっと。
そんなことを、アフレコの中でひしひしと感じました。

演じたキャラクターの役柄と、アフレコの感想

アヤちゃんは、ノリがよく、場の空気を察せる子です。
恋愛に関してはとにかく一途。
アフレコが進むにつれて、どんどん可愛らしいな、いじらしいな、となんだか愛おしく感じられる子でした。
どのキャラクターもそうですが、物語の中で、どんどん表情が生き生きと変化していくので演じていて、心が晴れやかになっていくようでした。

ファンへのメッセージ

笑顔にしたい人。
笑顔をみたい人。
自分にとっての、誰かにとっての幸せを願うこと。
私たちの、日々の原動力。
心が、この作品に詰まっています。
まだまだ謎が多く秘められていると思いますが、観終わった後、きっと皆さんの心を虹色に染めてくれる作品です。
劇場で、ぜひこの胸一杯に溢れる想いを受け止めてください。
お待ちしております。

日野聡(サンダー役)コメント

台本・Vコンテを見た感想

夢物語のようで、実はこれからの時代に本気で考えて行かなければいけないテーマであるなと強く感じましたね。人と人との直接的な繋がりや関係が希薄になって来ている現代において、シオンが歌に乗せて届ける想いの大切さがとても心に響きました。
愛情と温かさに満ち溢れた物語で、台本を読み終えると自然と目からも心からも涙が流れ落ちている自分がいました。本当に素敵な作品です。

演じたキャラクターの役柄と、アフレコの感想

わたくしが演じさせて頂いたサンダーは、天然な部分を持ちあわせつつ非常に純粋で頑張り屋な柔道青年です。けれど本番にはめちゃくちゃ弱く結果が出せない。そんな彼が、明るく魅力的なシオンに惹かれて大きく変わっていく。非常に愛らしく応援したくなる役どころですね。彼の性格上、シリアスにならない様に常にみんなとちょっと違うベクトルのお芝居を維持するのが難しかったですが、たいへん充実したアフレコとなりました。

ファンへのメッセージ

『アイの歌声を聴かせて』は、シオンを中心に高校生達が絆や心の大切さ、自分の在り方と向き合い人として大きく成長していく物語です。今こういうご時世だからこそ、そういう心の在り方や人の在り方の大切さが映画を通して届けられるのではないかと思っています。
多くの方に届いて欲しい作品です。どうぞご期待ください!

■公開情報
『アイの歌声を聴かせて』
2021年秋公開
原作・監督・脚本:吉浦康裕
共同脚本:大河内一楼
キャラクター原案:紀伊カンナ
総作画監督・キャラクターデザイン:島村秀一
声の出演:土屋太鳳、福原遥、工藤阿須加、興津和幸、小松未可子、日野聡
歌:土屋太鳳
アニメーション制作:J.C.STAFF
配給:松竹
(c)吉浦康裕・BNArts/アイ歌製作委員会
公式サイト:ainouta.jp
公式Twitter:@ainouta_movie

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる