『レンアイ漫画家』観月ありさが強烈キャラを好演 吉岡里帆&鈴木亮平と芝居のハーモニー

『レンアイ漫画家』観月ありさが強烈キャラを好演 吉岡里帆&鈴木亮平と芝居のハーモニー

 あいこ(吉岡里帆)、刈部(鈴木亮平)、レン(岩田琉聖)の共同生活も様になってきた頃に、あいこの姉・るりこ(観月ありさ)が早瀬剛(竜星涼)と共に現れる。強烈な姉の登場で、あいこと刈部はとうとう疑似恋愛をすることになってしまった。『レンアイ漫画家』(フジテレビ系)第5話では、恋人同士のフリをするあいこと刈部の身の上に様々な問題が巻き起こる。

 るりこは虫の知らせを感じ、突然あいこを訪ね田舎からやってきたのだ。厳格なるりこに、交際してもない男と一緒に住んでいることがバレたら大変なことになってしまう。そこで向後(片岡愛之助)が咄嗟にあいこと刈部にカップルのフリをして、るりこを安心させようと提案。執筆中の漫画、『銀河天使』の新しいネタにするためと迫られた刈部は、渋々承諾するのだった。

 加えて第5話では、一番目のミッションであいこと疑似恋愛をした早瀬も登場。あいこに突然フラれた早瀬は、あいこへの気持ちを諦めきれずこっそりストーカーをしていたようだ。第4話で映った不審な男性の影は早瀬だったのだ。内緒であいこを付け回していたとはいえ悪意はない様子の早瀬が、これからどのように恋愛に関わっていくのかにも期待が高まる。

 濃いキャラクターが一挙に集中した第5話だが、やはり最も存在感を放ったのが、るりこを演じた観月ありさだろう。ヘッドドレスをつけたゴージャスな出立ちに、厳格な価値観、既に成人しているあいこを過保護なまでに心配する様子は、視聴者に強烈なインパクトを残す。さらには強引に泊まっていくなどと言い出し、刈部家にずけずけと踏み込んでくる始末。だが、るりこの存在があいこと刈部の関係を前進させたのは言うまでもない。ふたりが心の距離を縮め自然とハグをするまでになれたのは、やはりるりこほどの強烈なキャラクターに引っ掻き回されたからだろう。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる