ティモンディ 高岸宏行、『鎌倉殿の13人』出演決定 「心の口角が上がりっぱなしです!」

ティモンディ 高岸宏行、『鎌倉殿の13人』出演決定 「心の口角が上がりっぱなしです!」

 2022年NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の公式Twitterにて、仁田忠常役をティモンディの高岸宏行が演じることが発表された。

 NHK大河ドラマ第61作目となる本作の舞台は、平安時代後期から鎌倉時代初期。義兄でもある鎌倉幕府初代将軍・源頼朝にすべてを学んだ二代目執権・北条義時を主人公に、武士の世を盤石にした彼の生き様、翻弄された周囲の人々を描き出す。脚本を『新選組!』『真田丸』に続き大河ドラマ3作目となる三谷幸喜が手掛ける。

 仁田忠常は、北条を支える勇猛な武士。高岸は本作が大河ドラマ初出演。大河ドラマについて、「毎年全国の皆さんに勇気や感動を与え続け長年愛されつづけている素敵なビタミン番組だという印象です!」とユーモア溢れるコメント。また、三谷作品の魅力については、「最後まで視聴者の心を鷲掴みにして離さないゴリラのような握力の強さが魅力的な作品ばかりという印象です!」と独特の表現で分析した。

高岸宏行 コメント全文

『鎌倉殿の13人』出演の意気込み

僕自身「応援」を生業としている者として 視聴者の皆様や出演者スタッフの皆様を鼓舞していくことはもちろんのこと 演じさせていただく「仁田忠常さん」を応援する気持ちを持って全身全霊で一所懸命にチャレンジしていきます! 心を一つに素敵な大河ドラマにするぞ! みんなならやればできる!

大河ドラマ出演について

毎年全国の皆さんに勇気や感動を与え続け長年愛されつづけている素敵なビタミン番組だという印象です!

三谷幸喜作品への出演について

展開が全く読めない中で最後まで視聴者の心を鷲掴みにして離さないゴリラのような握力の強さが魅力的な作品ばかりという印象です!

共演者について

ごいっしょさせていただいた方は一人もいませんが全出演者の方々が日本中に元気や夢を届けてくださっているスーパースターなのでごいっしょさせていただけることが光栄ですしワクワクで心の口角が上がりっぱなしです!

■放送情報
『鎌倉殿の13人』
NHK総合にて、2022年放送
主演:小栗旬
脚本:三谷幸喜
制作統括:清水拓哉、尾崎裕和
演出:吉田照幸、末永創、保坂慶太、安藤大佑
プロデューサー:長谷知記、大越大士、吉岡和彦、川口俊介
写真提供=NHK

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる