白石聖演じるつかさが浮所飛貴演じる有馬に告白 『胸が鳴るのは君のせい』失恋カット公開

白石聖演じるつかさが浮所飛貴演じる有馬に告白 『胸が鳴るのは君のせい』失恋カット公開

 6月4日に公開される浮所飛貴(美 少年/ジャニーズJr.)主演映画『胸が鳴るのは君のせい』の新場面写真が公開された。

 2012年から2014年まで『ベツコミ』(小学館)で連載され、累計発行部数250万部突破の紺野りさによる人気少女コミックを実写映画化する本作は、転校生の有馬隼人と、有馬を想い続ける篠原つかさが繰り広げる、親友のように仲がいい友達への“片思い”を描いた青春ラブストーリー。

 有馬役を浮所、ヒロインのつかさを白石聖が演じるほか、板垣瑞生、原菜乃華、河村花、若林時英、箭内夢菜、入江海斗、浅川梨奈、RED RICE(湘南乃風)らが出演。監督を務めたのは、『SPEC』シリーズや映画『悼む人』など、堤幸彦監督作品で監督補や編集ディレクターを務め、本作が長編映画監督デビューとなる高橋洋人。脚本は、TVドラマ『ごくせん』(日本テレビ系)などの横田理恵が手がけた。

 このたび公開された場面写真は、 白石演じる篠原つかさが、浮所演じる有馬隼人に告白するシーンと、有馬を見つめ、告白の返事を聞くつかさの表情を切り取った2枚。

 クールでひょうひょうとしていて、どこか掴めない転校生の有馬。つかさはそんな有馬が自分だけに見せる優しさや笑顔に惹かれ、いつしか有馬から目が離せなくなっていた。友達からも「絶対両思いだよ!」と背中を押されたつかさは、勇気を出して有馬に告白する。場面写真は、そんな覚悟を決めたつかさと真正面から向き合う有馬の姿を捉え、「フラれてもやめられない恋」という物語の軸とも言える印象深いカットとなっている。

  そしてもう1枚は、有馬から告げられた「つかさのこと、そういう目で見たことない」という言葉にショックを受け、切なげな表情を見せるつかさの姿を切り取ったもの。淡い期待に胸を膨らませていたつかさは、有馬からのまさかの返事に戸惑いを隠せない。そんなつかさの揺れ動く感情が切り取られた、切なくほろ苦い想いが伝わってくるカットとなっている。

 浮所が「大人びていて、周りの友達より常に一歩引いて周りを見ている。今の浮所飛貴の憧れの存在」と語る有馬がつかさと過ごすうちに変化していく姿、白石が「片思いをしたことがある人はつかさの気持ちに共感してもらえると思う」と自信を覗かせる、フラれてもあきらめない真っ直ぐなつかさの奮闘ぶりに注目だ。

※高橋洋人の「高」はハシゴダカが正式表記。

■公開情報
『胸が鳴るのは君のせい』
6月4日(金)全国ロードショー
出演:浮所飛貴(美 少年/ジャニーズJr.)、白石聖、板垣瑞生、原菜乃華、河村花、若林時英、箭内夢菜、入江海斗、浅川梨奈、RED RICE(湘南乃風)
監督:高橋洋人
脚本:横田理恵
音楽:KYOHEI(Honey L Days)
主題歌:「虹の中で」美 少年/ジャニーズJr.
原作:『胸が鳴るのは君のせい』(紺野りさ/小学館/ベツコミ)
制作プロダクション:オフィスクレッシェンド
制作協力:ドリームプラス
配給:東映
(c)2021 紺野りさ・小学館/「胸が鳴るのは君のせい」製作委員会
公式サイト:munekimi-movie.com
公式Twitter::@munekimi_movie
公式Instagram:@munekimi_movie

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる