浮所飛貴×白石聖『胸が鳴るのは君のせい』本予告公開 主題歌は美 少年が担当

 6月4日に公開される浮所飛貴(美 少年/ジャニーズJr.)主演映画『胸が鳴るのは君のせい』の本予告が公開された。

 2012年から2014年まで『ベツコミ』(小学館)で連載され、累計発行部数250万部突破の紺野りさによる人気少女コミックを実写映画化する本作は、転校生の有馬隼人と、有馬を想い続ける篠原つかさが繰り広げる、親友のように仲がいい友達への“片思い”を描いた青春ラブストーリー。

 有馬役を浮所、ヒロイン・つかさを白石聖が演じるほか、板垣瑞生、原菜乃華、河村花、若林時英、箭内夢菜、入江海斗、浅川梨奈、RED RICE(湘南乃風)らが出演。監督を務めたのは、『SPEC』シリーズや映画『悼む人』など、堤幸彦監督作品で監督補や編集ディレクターを務め、本作が長編映画監督デビューとなる高橋洋人。脚本は、TVドラマ『ごくせん』(日本テレビ系)などの横田理恵が手がけた。

『胸が鳴るのは君のせい』予告

 公開された予告編は、「気づけば、あたしはずっと君を目で追っていた」という有馬に恋するつかさの言葉からスタート。有馬に告白するつかさだが、「友達としてしか見たことない」とあっけなく振られてしまう。有馬に振られ友達として接することに決めたつかさだが、片思いをやめようと思えば思うほどに大きくなっていく思いに、あきらめずに有馬を好きでいつづけることを決意。そんな真っ直ぐなつかさと共に過ごすうちに有馬の気持ちにも少しずつ変化が現れはじめるが、そんな2人の前に恋のライバルが登場する。

 映像の後半には、震える有馬の手を握るつかさの姿や、真剣な眼差しでつかさの肩を掴む有馬、つかさが涙を流すシーンも切り取られ、切なくすれ違う4人の思いがありありと描き出されている。

 そして、主題歌が、美 少年/ジャニーズJr.の「虹の中で」に決定。映画の主題歌も務めることが決定した浮所は、「お話をいただいた時はとても驚きました! まさに『胸きみ』にピッタリな、爽やかで、辛いことがあっても頑張れるような、フレッシュになれる曲だと思います。映画の主題歌を歌えるということは本当にすごいことだと思うので、レコーディングにもかなりこだわって臨みました。是非劇場で聴いていただきたいです!」と熱い思いと意気込みに満ちたコメントを寄せた。

浮所飛貴(美 少年/ジャニーズJr)コメント

『胸が鳴るのは君のせい』の主題歌を美 少年が歌わせてもらえることになりました! タイトルは「虹の中で」です。お話をいただいた時はとても驚きました! 曲のカラーを聞かれたら青・白と答えたくなるような、まさに『胸きみ』カラーな曲です! 恋のときめきやキラキラした青春の疾走感を感じさせる爽やかな曲なので、通学や通勤の時に聞いていただければ一日頑張れると思います。映画の主題歌を歌えるということは本当にすごいことなので、レコーディングにも熱が入り、かなりこだわって時間もかけて臨みました。辛いことがあっても頑張れるような、フレッシュになれる曲だと思います。「ここ!」っていうパーフェクトなタイミングで、この映画にぴったりなエンドロールが流れます! 皆さんに早く劇場で聴いてもらいたいです。是非お楽しみに!

※高橋洋人の「高」はハシゴダカが正式表記。

■公開情報
『胸が鳴るのは君のせい』
6月4日(金)全国ロードショー
出演:浮所飛貴、白石聖、板垣瑞生、原菜乃華、河村花、若林時英、箭内夢菜、入江海斗、浅川梨奈、RED RICE(湘南乃風)
監督:高橋洋人
脚本:横田理恵
音楽:KYOHEI(Honey L Days)
主題歌:「虹の中で」美 少年/ジャニーズJr.
原作:『胸が鳴るのは君のせい』(紺野りさ/小学館/ベツコミ)
制作プロダクション:オフィスクレッシェンド
制作協力:ドリームプラス
配給:東映
(c)2021 紺野りさ・小学館/「胸が鳴るのは君のせい」製作委員会
公式サイト:munekimi-movie.com
公式Twitter::@munekimi_movie
公式Instagram:@munekimi_movie

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる