長瀬智也の役者人生を振り返る 『白線流し』に『IWGP』、『俺の家の話』に至るまで

長瀬智也の役者人生を振り返る 『白線流し』に『IWGP』、『俺の家の話』に至るまで

 衝撃的な最終回で話題を呼んだ、長瀬智也主演の『俺の家の話』(TBS系)。いまだ興奮冷めやらぬ様子が、SNSからも伝わってくる。今回の作品をはじめ、長瀬智也と宮藤官九郎による作品は大きな話題を呼んできたが、もちろん長瀬は宮藤官九郎作品のみならず多数の作品に出演してきた。TOKIO正式加入前の作品から俳優としての長瀬の活躍を辿ってみたい。

『ツインズ教師』から『白線流し』生徒役を多数演じた90年代

 1993年放送のドラマ『ツインズ教師』(テレビ朝日系)に生徒役として出演した長瀬。高嶋政宏と石黒賢がW主演を務める学園ストーリーで、当時、流行していたセンターパートのヘアスタイルで、長身であることもそうだが、この頃から表情豊かな演技で目を引く存在だった。

 翌、1994年に長瀬はTOKOのメンバーとして正式加入し、9月に「LOVE YOU ONLY」でCDデビュー。なお、同年には矢沢永吉主演の『アリよさらば』(TBS系)にも生徒役で出演した。トレンディドラマの雰囲気を帯びた『最高の片思い』(フジテレビ系)では、主演の本木雅弘、深津絵里らが繰り広げるラブストーリーに、杉本哲太演じる麻生竜平の弟・哲役で出演。若手バイプレーヤーらしいさわやかさと、ちょっぴり背伸びをするやんちゃな姿があった。

 90年代に出演した作品の中で、長瀬の代表作と呼べるのは『白線流し』(フジテレビ系)だろう。長野県松本市の高校を舞台に、7人の青春を描いた群像劇で、長瀬は定時制高校に通う大河内渉を演じた。渉は母親が家を出てしまい、後に父親を病気で亡くし、中学卒業からは自活するという複雑な生い立ち。定時制高校に通いながら昼は工場で働く寡黙な渉。まだ親を頼ってもおかしくはない年頃で、身寄りのない寂しさや孤独を秘めた演技が光っていた。投げやりになる一方で捨てきれない天文台で働く夢……高校3年生という多感な時期で口数が少なく、喜怒哀楽を顔に出すタイプではない渉を繊細に演じきったと言える。長瀬の澄んだ瞳と渉の誠実さがリンクした。翌、97年には彼らのその後を描いた『白線流し・19の春』をはじめ、2005年までほぼ2年おきにシリーズ作品が放送。つまづき、悩みながらも少しずつ大人へと成長していく様子が描かれた。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アクター分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる