『知ってるワイフ』心温まるラストに 大倉忠義演じる元春への“もやもや”が“学び”に変わる

『知ってるワイフ』心温まるラストに 大倉忠義演じる元春への“もやもや”が“学び”に変わる

 どん底の人生から、再び過去に戻った元春(大倉忠義)は、「一人で生きていく」という新たな選択をしていた。しかしひょんなことからまた、縁のあった人々と出会ってしまう。『知ってるワイフ』(フジテレビ系)最終話では、元春がやり直した世界でそれぞれの人たちが幸せを掴む。本当に失いたくないものについて考えさせられる作品となった。

 澪(広瀬アリス)や沙也佳(瀧本美織)を不幸にしてしまったことに責任を感じた元春は、過去に戻ると部屋から一歩も出ずに、澪や沙也佳を避けて過ごす。その甲斐あって、2020年に戻ってからは勤め先も変わり、澪と遠く離れた関西で生活をしていた。しかし偶然、東京への出張が決まり、久しぶりに街を訪れると、なぎさ(川栄李奈)が澪と友達でいないかを確かめるために木田(森田甘路)の元を訪れることに。さらにそこでは偶然、沙也佳とも出くわしてしまった。だが、元春は沙也佳からのアプローチをかわし、事なきを得る。いつもの公園で再会した小池(生瀬勝久)の話を聞くことで、元春の心は少し揺れ動くのだった。

 過去に戻ることで本当に大切なものを“取り戻せた”という小池の元には、愛する家族の存在が。この話を聞いた元春はつい、あおい銀行を見に行ってしまい、あんなに避けていた澪とまたも再会を果たす。さらにこの世界線での澪は、なぜか元春の記憶を失っていなかった。なぜなら澪は、元春がタイムスリップしようとしていることに気付き、後を追ってタイムスリップしていたのだ。

 これまで元春は、自分が未来を変えれば環境が変わり、思うような未来が手に入ると思っていた。しかし現実は違う。元春が「人生は選択の連続だ」とラストで語ったように、人生は些細な選択が積み重なって環境を、そして人間関係を作っている。元春はそのことに気付き、最後は“周り”ではなく“自分”を変える選択をした。そしてとうとう澪との「笑って暮らす」家庭を築くことができたのだ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる