浅川梨奈、『胸が鳴るのは君のせい』で初のギャル役に 「いつもの自分とは違う雰囲気」

浅川梨奈、『胸が鳴るのは君のせい』で初のギャル役に 「いつもの自分とは違う雰囲気」

 6月4日に公開される浮所飛貴(美 少年/ジャニーズJr.)主演映画『胸が鳴るのは君のせい』の追加キャストとして、浅川梨奈とRED RICE(湘南乃風)の出演が発表された。

 2012年から2014年まで『ベツコミ』(小学館)で連載され、累計発行部数250万部突破の紺野りさによる人気少女コミックを実写映画化する本作は、転校生の有馬隼人と、有馬を想い続ける篠原つかさが繰り広げる、親友のように仲がいい友達への“片思い”を描いた青春ラブストーリー。

 有馬役を浮所、ヒロイン・つかさを白石聖が演じるほか、板垣瑞生、原菜乃華、河村花、若林時英、箭内夢菜、入江海斗らが出演。監督を務めたのは、『SPEC』シリーズや映画『悼む人』など、堤幸彦監督作品で監督補や編集ディレクターを務め、本作が長編映画監督デビューとなる高橋洋人。脚本は、TVドラマ『ごくせん』(日本テレビ系)などの横田理恵が手がけた。

 浅川が演じるのは、モデル風イケメン長谷部泰広(板垣瑞生)の同級生で彼に想いを寄せるギャルの真野梨々子。今まで清楚な役が多かった浅川が、派手なメイクや衣裳でギャル役に挑む。

 そして、湘南乃風のリーダー、RED RICEが、有馬とつかさが夏祭りで出会うかき氷屋の大将役を演じ、有馬に人生の先輩として恋のアドバイスをする。

コメント

浅川梨奈(真野梨々子役)

原作を読んで、すごくピュアだけど複雑に入り組んだ登場人物たちの関係性がおもしろいと思っていたので好きな作品に携われてとても嬉しかったです! 撮影自体は短かったですが、初めてtheギャル! みたいなメイクや格好だったので、いつもの自分とは違う雰囲気になれて楽しかったです! 私が出演させて頂いたシーンは一回一回インパクトが残るように意識したので、「派手な女の子が出てきた!」と思って見てくれたら嬉しいです。

RED RICE(かき氷屋の大将役)

短いシーンでしたが参加できて本当によかったです。あの短いシーンの中で何回NG出したんだろう(笑)って思うぐらいお恥ずかしいところをお見せしてしまいました。みんな和気あいあいと一体感があったおかげで、それも許してくれるようないい雰囲気の現場で撮影できました!とてもキュンキュンできる素敵な作品となっているので同世代の方は劇場でそのままリアルな体験ができると思いますし、僕ら世代のキュンキュンから離れている方も忘れた気持ちを取り戻せるような映画になっています。幅広い年齢層の方に見ていただけると思うので、是非劇場でご覧ください!

※高橋洋人の「高」はハシゴダカが正式表記。

■公開情報
『胸が鳴るのは君のせい』
6月4日(金)全国ロードショー
出演:浮所飛貴、白石聖、板垣瑞生、原菜乃華、河村花、若林時英、箭内夢菜、入江海斗、浅川梨奈、RED RICE(湘南乃風)
監督:高橋洋人
脚本:横田理恵
原作:『胸が鳴るのは君のせい』(紺野りさ/小学館/ベツコミ)
制作プロダクション:オフィスクレッシェンド
制作協力:ドリームプラス
配給:東映
(c)2021 紺野りさ・小学館/「胸が鳴るのは君のせい」製作委員会
公式サイト:munekimi-movie.com
公式Twitter::@munekimi_movie
公式Instagram:@munekimi_movie

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる