岡山天音、関めぐみ、田中俊介、落合モトキら、中川大志主演映画『FUNNY BUNNY』出演

岡山天音、関めぐみ、田中俊介、落合モトキら、中川大志主演映画『FUNNY BUNNY』出演

 中川大志主演映画『FUNNY BUNNY』が4月29日より全国の劇場とauスマートパスプレミアムにて同時公開されることが決定し、あわせて追加キャストが発表された。

 本作は、『ステップ』『虹色デイズ』『荒川アンダー ザ ブリッジ』などの飯塚健監督が手がけ、のちに監督自らの手によって小説化もされた、2012年上演の同名舞台を映画化したもの。

 自称小説家の剣持聡と親友の漆原聡は、愛くるしいウサギの着ぐるみに扮して、区立図書館に向かう。その目的は図書館を襲撃するため。果たして二人の目的とは。そして数年後、物語はもう1つの事件「ラジオ局電波ジャック」へと展開する。ウサギの着ぐるみによる“図書館襲撃”と“ラジオ局電波ジャック”、2つの事件に隠された謎と悲しい真実が明かされた時、おかしくて、切ない物語は加速する。自殺志願者を見分ける能力を持つ、自称“小説家”の剣持聡が、自らの正義のもとで繰り広げる奇想天外な騒動が、人生につまずき、暗澹たる思いをする若者に、再び生きる希望を与えていく。

 主人公の剣持聡を演じるのは、数多くの作品で着実に経験を積み『なつぞら』(NHK総合)で国民的人気を得た中川。そんな剣持を囲む、共演者が決定した。中川演じる剣持の相棒、漆原聡役には、映画化もされた『ヴィレヴァン!』シリーズをはじめ、映画やドラマ、舞台で独自の個性を発揮する岡山天音。図書館で出会い、まんまと“剣持一派”にされてしまう図書館司書の服部茜役に『書けないッ!?~脚本家 吉丸圭佑の筋書きのない生活~』(テレビ朝日系)に出演中の関めぐみ、女子高生の遠藤葵役に『朝が来る』の森田想、大学生の新見晴役に本作が映画デビューとなる新人のレイニが決定。また、『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』(テレビ東京系)のゆうたろうが剣持の同級生の田所修役を、『AWAKE』の落合モトキが元バンドマンの菊池広重役で、物語におけるキーマンとなるポジションを演じる。さらに落合演じる菊地の過去のバンド仲間・藤井役で『ミッドナイトスワン』の田中俊介が出演。そのほか、佐野弘樹、山中聡、東京03の角田晃広、菅原大吉の出演が決定している。

 さらに本作の本ビジュアルを一般投票で決める企画がスタート。投票数の一番多かったビジュアルが、ポスター・チラシとして使用され、全国の劇場に設置される。ビジュアル投票は2月26日16時から3月2日12時まで、映画公式サイトにて行われる。

■公開情報
『FUNNY BUNNY』
4月29日(木・祝)より、映画館&auスマートパスプレミアムにて同時ロードショー
出演:中川大志、岡山天音、関めぐみ、森田想、レイニ、ゆうたろう、田中俊介、佐野弘樹、山中聡、落合モトキ、角田晃広、菅原大吉
監督・脚本・編集:飯塚健
製作総指揮:森田圭
エグゼクティブプロデューサー:多田一国、大野高宏
プロデューサー:金山、宇田川寧、吉田憲一
共同プロデューサー:田口雄介
音楽:海田庄吾
撮影:小松高志 
原作:舞台『FUNNY BUNNY -鳥獣と寂寞の空-』(演出・脚本 飯塚健//青山円形劇場、 2012)、小説『FUNNY BUNNY』(飯塚健/朝日新聞出版)
製作:KDDI
制作プロダクション:ダブ
配給:「FUNNY BUNNY」製作委員会
2021年/日本/103分/カラー/ビスタ/5.1ch
(c)2021「FUNNY BUNNY」製作委員会
公式サイト:https://funnybunny-movie.jp

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる