上島竜兵、『監察医 朝顔』第16話に再出演 「何かのドッキリかと思いました」

上島竜兵、『監察医 朝顔』第16話に再出演 「何かのドッキリかと思いました」

 ダチョウ倶楽部の上島竜兵が、フジテレビ月9ドラマ『監察医 朝顔』の第16話(3月1日放送)に再出演することがわかった。

 『週刊漫画サンデー』(実業之日本社)で連載されていた法医学者と刑事という異色の父娘を描いた同名医療漫画をドラマ化した本作。続編では、2019年夏クール放送の第1シーズンと同様に各話で、主人公で法医学者の万木朝顔(上野樹里)と、父でベテラン刑事の万木平(時任三郎)たちが、さまざまな事件と遺体に相対していく。そして、前作よりも深く、東日本大震災と母の死に朝顔が向き合っていく姿が描かれる。

 上島が演じるのは、第1シーズンの第6話に登場し、マンホールを盗み窃盗容疑で捕まった泥棒の今野。今野は取り調べに対し完全黙秘を貫き、マンホールを盗んだことをかたくなに認めようとせず、野毛山署の刑事たちもお手上げ状態だった。しかし当時、まだ野毛山署強行犯係に勤めていた桑原(風間俊介)が取り調べを替わり、今野に家族がいることを突き止め、家族のために罪をつぐなうべきだと真摯に訴えかける。桑原の言葉に今野は“落ち”、涙ながらにマンホールを盗んだことを認めたのであった。

 今野はまたしても突然、桑原の前に現れるが、その理由はオンエアで明かされる。

上島竜兵 コメント

まさか、『監察医 朝顔』にまた呼んでもらえるとは思ってもみなかったので、出演の話を聞いた時は、何かのドッキリかと思いました。『監察医 朝顔』は僕自身、大好きなドラマで、スタッフの皆さんは変わらず明るく、撮影はとても楽しかったです。風間さんはあいかわらず温かい方でした。また、僕が登場するシーンは平野監督の回ではなかったのですが、朝早くからの撮影にも関わらず現場に駆けつけてつくださり、本当にありがたかったです。ちなみにリーダーは『監察医 朝顔』に出演することをずっと隠していて、一言も教えてくれず、実はニュースで初めて知りました(笑)。リーダーがどんな演技をしているのか、僕も楽しみです。

■放送情報
『監察医 朝顔』
フジテレビ系にて、毎週月曜21:00〜放送
(2020年秋・2021年冬2クール連続)
出演:上野樹里、時任三郎、風間俊介、志田未来、中尾明慶、森本慎太郎(SixTONES)、藤原季節、斉藤陽一郎、坂ノ上 茜、田川隼嗣、宮本茉由、辰巳雄大(ふぉ~ゆ~)、加藤柚凪、戸次重幸、平岩 紙、ともさかりえ、三宅弘城、杉本哲太、板尾創路、山口智子、柄本明 ほか
原作:『監察医 朝顔』(実業之日本社)
脚本:根本ノンジ
プロデュース:金城綾香
演出:平野眞、阿部雅和
制作:フジテレビ
(c)フジテレビ

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる