関西ジャニーズJr.の勢いが止まらない 道枝駿佑、末澤誠也らが先輩主演ドラマで活躍中

 なにわ男子と同世代として人気を分け合うのは、Aぇ! group。キャラの濃いメンバーが集まっており、すでにコンサートやバラエティなどで大活躍だ。もちろん演技分野への進出も著しく、今期は関ジャニ∞・大倉忠義が主演を務める『知ってるワイフ』(フジテレビ系)に末澤誠也が出演しており、大倉演じる元春の部下・篠原を演じている。イマドキでドライだが、どこか憎めない若者を好演している末澤を含め、草間リチャード敬太、小島健、福本大晴、佐野晶哉の5人は『地元に帰れないワケあり男子の14の事情』(ABCテレビ/テレビ朝日)に出演する。唯一出演しない正門良規も、これまでNHK朝の連続テレビ小説『スカーレット』や『DIVER-特殊潜入班-』(カンテレ・フジテレビ系)などのドラマに出演し、評判も上々だ。5月からは主演舞台『染、色』(加藤シゲアキ初脚本)もスタートする予定だ。演技の面でも経験を積んでいる彼らの今後に、期待が高まる。

 そして、2019年に結成されたLil かんさいは、フレッシュなメンバーが揃っている次世代を代表する関西ジャニーズJr.だ。まだ全員10代とあって演技経験は少ないが、2020年4月に放送された『年下彼氏』では5人それぞれのキャラを活かした演技を見せてくれていた。その『年下彼氏』から1年、2021年4月からは『地元に帰れないワケあり男子の14の事情』になにわ男子、Aぇ! groupとともに出演する。なにわ男子、Aぇ! groupは選抜メンバーが出演するが、Lil かんさいは5人全員出演を果たす予定だ。彼らのフレッシュさ、役柄とキャラがマッチした時に発揮される演技に注目して観ていきたい。

 勢いに乗る関西ジャニーズJr.たちは、着実に演技力を磨き、経験を積んでいる真っ最中だ。西畑や道枝以外にも次々と“演技班”が誕生していきそうだ。関西ジャニーズJr.たちをドラマで見かけないクールがない、という状態も十分有り得そうだ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アクター分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる