フィンランドのおじいちゃんが中華料理に初挑戦 『世界で一番しあわせな食堂』本編映像

フィンランドのおじいちゃんが中華料理に初挑戦 『世界で一番しあわせな食堂』本編映像

 2月19日公開の映画『世界で一番しあわせな食堂』より、本編映像が公開された。

 本作は、フィンランドを舞台に、地元の人たちと異国の料理人の出会いを描く新たな“ヒーリング・ムービー”。舞台は、フィンランド北部・ラップランド地方の小さな村。中国・上海からやって来た料理人チェンが、食堂を経営するフィンランド人女性シルカと出会い、国籍や文化の違いを乗り越え、お互いを家族のように思いやる気持ちが芽生えていく様子を描く。『過去のない男』『希望のかなた』で知られるアキ・カウリスマキの兄で、『旅人は夢を奏でる』などを手がけたミカ・カウリスマキが監督を務めた。

映画『世界で一番しあわせな食堂』本編映像

 公開された本編映像は、毎日食堂に通い、おしゃべりを楽しむおじいさんが初めてチェンの中華料理を口にするシーンを捉えたもの。

 映像は、仕事の合間にお腹を満たすために村人ロンパイネンが食堂にやってくるところからスタート。いつもあるはずのソーセージとマッシュポテトのビュッフェがその日は空っぽ。お腹をすかせたロンパイネンにシルカは「今日は中華風パーチ(フィンランドで最もよく食べられている魚)のスープよ」とチェンの料理をすすめるが、ロンパイネンは「ゲイでもないフィンランド男子の俺に中国料理を食えと?」と拗ねてしまう。

 「じゃあ、ポテトとソーセージを温める」というシルカの言葉をよそに鍋の中を覗き込むと、美味しそうな匂いがしたのか「俺のモットーは“危険に生きろ”だ。中国のパーチスープとやらを試してみるか」 と可愛くかっこつけながらも料理を食べることに。スープに治癒の力があることを説明するシルカにロンパイネンも周りのおじいちゃんたちも半信半疑。ゆっくりとスープを口に運ぶロンパイネンに全員が注目するが、スープを味わい顔をあげたロンパイネンは「こりゃ絶品だ!めちゃくちゃうまい」とたちまち笑顔になるのだった

チェンの中華料理

■公開情報
『世界で一番しあわせな食堂』
2月19日(金)新宿ピカデリー、渋谷シネクイントほか全国順次ロードショー
監督:ミカ・カウリスマキ
脚本:ハンヌ・オラヴィスト
出演:アンナ=マイヤ・トゥオッコ、チュー・パック・ホング、カリ・ヴァーナネン、ルーカス・スアン、ヴェサ=マッティ・ロイリ
配給:ギャガ
後援:フィンランド大使館
2019 年/フィンランド・イギリス・中国/英語・フィンランド語・中国語/114分/カラー/シネスコ/5.1ch/G/原題:Mestari Cheng/字幕翻訳:吉川美奈子
(c)Marianna Films
公式サイト:gaga.ne.jp/shiawaseshokudo

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる