ミカ・カウリスマキ監督作『世界で一番しあわせな食堂』公開へ 料理人と村人たちの交流描く

 ミカ・カウリスマキ監督の新作映画『Mestari Cheng(原題)』が、『世界で一番しあわせな食堂』の邦題で2021年2月19日より公開されることが決定した。

 本作は、フィンランドを舞台に、地元の人たちと異国の料理人の出会いを描く新たな“ヒーリング・ムービー”。舞台は、フィンランド北部・ラップランド地方の小さな村。中国・上海からやって来た料理人チェンが、食堂を経営するフィンランド人女性シルカと出会い、国籍や文化の違いを乗り越え、お互いを家族のように思いやる気持ちが芽生えていく様子を描く。『過去のない男』『希望のかなた』で知られるアキ・カウリスマキの兄で、『旅人は夢を奏でる』などを手がけたミカ・カウリスマキが監督を務めた。

 あわせて公開されたポスターでは、「人生が温まる料理はいかがですか」というコピーのもと、料理をするチェンと村人たちの笑顔が切り取られている。

 予告編は、チェンが“フォントロン”という人物を探して小さな食堂を訪れる場面から始まり、食堂の女主人シルカからの「料理してくれたらフォントロンを探す」という提案に乗ったチェンが料理をふるまう様子が描かれる。はじめは見たことのない料理に否定的だった村人たちも、一度口にしてみると「こりゃうまい」と気に入り、次第にチェンを仲間として認めるように。料理のほかにも大自然や名物のサウナなどフィンランドの魅力がたっぷりで、短い映像からも多くの癒し要素を確認できる。

映画『世界で一番しあわせな食堂』予告編

■公開情報
『世界で一番しあわせな食堂』
2021年2月19日(金)新宿ピカデリー、渋谷シネクイントほか全国順次ロードショー
監督:ミカ・カウリスマキ
脚本:ハンヌ・オラヴィスト
出演:アンナ=マイヤ・トゥオッコ、チュー・パック・ホング、カリ・ヴァーナネン、ルーカス・スアン、ヴェサ=マッティ・ロイリ
配給:ギャガ
後援:フィンランド大使館
2019 年/フィンランド・イギリス・中国/英語・フィンランド語・中国語/114分/カラー/シネスコ/5.1ch/G/原題:Mestari Cheng/字幕翻訳:吉川美奈子
(c)Marianna Films
公式サイト:gaga.ne.jp/shiawaseshokudo



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる