『ジョゼと虎と魚たち』が到達した驚くべき着地点 同じ原作から様相の異なる作品が誕生

『ジョゼと虎と魚たち』実写とアニメの違いは

 また、恒夫が残酷な運命に襲われて挫折しそうになった時、ジョゼが恒夫のために何かをしたいと考え、どんな行動を起こすかもアニメ版の大きな見どころと言える。車椅子がなければ何処にも行けない少女が、自分を支えてくれた誰かのために何ができるのか? ジョゼの友人となる図書館の司書・花菜という新キャラクターをそこへ絡ませることで、ジョゼを自立する女性として強い人物に描いたタムラ監督の手腕は大いに注目したいところだ。アニメ版を観て感銘を受けた人は、実写版も観ていただきたい。恒夫が最後に取る選択は、大学生の男子としては非常にリアルだろう。だからこそ切なく悲しい。同じ原作から生まれた2つの映画。どちらも鑑賞後の味わいこそ違えど、ジョゼの生きざまには誰もが心打たれるに違いない。

■のざわよしのり
ライター/映像パッケージの解説書(ブックレット)執筆やインタビュー記事、洋画ソフトの日本語吹替復刻などに協力。映画全般とアニメを守備範囲に細く低く活動中。

■公開情報
アニメ映画『ジョゼと虎と魚たち』
全国公開中
キャスト:中川大志、清原果耶、宮本侑芽、興津和幸、Lynn、松寺千恵美、盛山晋太郎(見取り図)、リリー(見取り図)
原作:田辺聖子『ジョゼと虎と魚たち』(角川文庫刊)
監督:タムラコータロー
脚本:桑村さや香
キャラクター原案:絵本奈央
キャラクターデザイン・総作画監督:飯塚晴子
コンセプトデザイン:loundraw (FLAT STUDIO)
音楽:Evan Call
アニメーション制作:ボンズ
主題歌・挿入歌:Eve「蒼のワルツ」/「心海」(TOY’S FACTORY)
配給:松竹/KADOKAWA
製作:『ジョゼと虎と魚たち』製作委員会
(c)2020 Seiko Tanabe/ KADOKAWA/ Josee Project
公式サイト:http://joseetora.jp
公式Twitter:https://twitter.com/joseetora_movie
公式Instagram:https://www.instagram.com/joseetora_movie/



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画シーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる