岩田剛典×新田真剣佑が語り合う、初共演作『名も無き世界のエンドロール』で見た互いの背中

岩田剛典×新田真剣佑が語り合う、初共演作『名も無き世界のエンドロール』で見た互いの背中

 映画『名も無き世界のエンドロール』が、1月29日より公開となる。「第25回小説すばる新人賞」を受賞した行成薫の同名サスペンス小説を映画化した本作は、裏と表、2つの世界でのし上がるキダとマコトのバディによる10年の歳月を費やした“ある壮大な計画”を描く物語。映画『累 -かさね-』『ういらぶ。』の佐藤祐市が監督を務めた。

 裏社会に潜り込んだキダを岩田剛典、会社経営者としてのし上がるマコトを新田真剣佑が演じ、ヒロインのヨッチ役には山田杏奈を迎えた本作。リアルサウンド映画部では、初共演となる岩田と新田に、撮影現場の雰囲気からお互いの魅力まで語ってもらった。

岩田剛典、新田真剣佑は「プロフェッショナル」

ーー初共演となるお二人ですが、作品を一緒に作ってみて気づいたそれぞれの魅力は?

岩田剛典(以下、岩田):まっけんの、本番に入るまでの研ぎ澄まされたような集中力はそばで見ていて、すごいものがありました。現場での過ごし方は刺激をもらうことが多かったですね。プロフェッショナルだなと思います。

新田真剣佑(以下、新田):僕はとにかく岩田さんと一緒にお芝居をしていて、自分の役が自然と生き生きとした気がします。この人がいれば僕の役も輝く、そう思わせてくれました。

ーーそんなお二人演じるキダとマコトの幼なじみであり、ヒロインのヨッチを演じるのが山田杏奈さんです。

岩田:同級生という設定なので、本当は僕らが若く見えるように頑張らなきゃいけないのに、杏奈ちゃんに頑張らせてしまったかもしれないです(笑)。杏奈ちゃんがチャーミングにヨッチを演じてくれたおかげですごく映画が引き締まったと思います。杏奈ちゃんが演じてくれたからこそ、ヨッチというキャラクターが美しい存在になったと思います。

ーー本作の脚本を読んだときの感想は?

岩田:シンプルに面白いと感じましたし、いい意味であまり説明しすぎない映画だなと。観客の皆さんがどう感じられるのか、僕もまだ未知数なところがあります。サスペンス映画ならではの仕掛けに注目してほしいです。

新田:僕はこういうジャンルがもともと好きなので、そういう映画を作る一員になれることにシンプルにワクワクしました。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる