声優・下野紘、亀梨和也主演『レッドアイズ』で連ドラ初出演 「すごく緊張しました」

声優・下野紘、亀梨和也主演『レッドアイズ』で連ドラ初出演 「すごく緊張しました」

 声優の下野紘が、1月23日より放送がスタートする日本テレビ系土曜ドラマ『レッドアイズ 監視捜査班』に声で出演することが決定した。

 亀梨和也が主演を務める本作は、『ボイス 110緊急指令室』を手がけたチームが贈るサイバークライムサスペンス。実在の警察組織であるSSBC(警視庁捜査支援分析センター)をモデルとした架空の組織・KSBC(神奈川県警捜査分析センター)を舞台に、愛する人の命を奪われた元刑事と天才的な頭脳を持った元犯罪者たちが、凶悪な連続殺人鬼に迫る。全国で500万台ある監視カメラやNシステムやネット解析・画像分析など日本国中から集まるビッグデータを駆使した最新の科学情報捜査がスピーディーでスリリングな物語を生み出していく。

 連続ドラマ初出演となる下野は、通信指令センターの声を務める。「ドラマ内で声だけの出演っていうのは初めてなので貴重な経験です」と語る下野は、「僕でいいのかな?っていう思いもすごくありましたし、どんな形での出演なのかちゃんと聞いていなかったので『まさかドラマの最中に生で(台詞を)言うのかな?』とかドキドキしながら臨みました(笑)。通信指令センターの声ということで、普段言い慣れない警察用語が沢山あって……緊張しましたね。すごく緊張しました」とコメント。

 事件の発生や捜査状況を指令する役どころはアニメでも経験がないとあって、普段とは違う苦労もあった様子で「アニメ(の演技)だとテンションを上げたりして、感情を込めることができるんですけど、実際のドラマで警察官の方が感情を込めて言葉を発することってあまりないじゃないですか。だからそこを意識すると、ますます緊張するというか(笑)。(セリフの内容を)明瞭にはっきりと伝えないといけないし、気持ちを入れすぎてはいけないし、テンションを上げすぎてもいけないし…どうしよう!と思ってやっぱり緊張はしましたね(笑)。でも、楽しかったです!」と収録後には笑顔を見せた。

 最後には、視聴者へのメッセージとして「作品のシリアスな展開を損なわないような形で、通信指令センターの声だったり、ほかにも色々な声で出演させていただいておりますので、皆様よろしければ是非見ていただければ嬉しいなと思います」と、劇中でのシークレット出演も明かした下野。下野は、第1話のみならず、各話で声の出演が予定されている。

※高橋ひかるの「高」はハシゴダカが正式表記

■放送情報
『レッドアイズ 監視捜査班』
日本テレビ系にて、1月23日(土)スタート 毎週土曜22:00〜22:54放送
出演:⻲梨和也、松下奈緒、趣里、シシド・カフカ、松村北斗(SixTONES)、高橋ひかる、木村祐一
脚本:酒井雅秋、福田哲平、まなべゆきこ
音楽:カワイヒデヒロ
チーフプロデューサー:池田健司
プロデューサー:尾上貴洋、茂山佳則(AX-ON)
演出:水野格、長沼誠ほか
制作協力:AX-ON
製作著作:日本テレビ
(c)日本テレビ
公式サイト:https://www.ntv.co.jp/redeyes/
公式Twitter:@redeyes_ntv
公式Instagram:@redeyes_ntv

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる