広く知られる存在となった味方良介 『教場』を経て2020年は転機の年に?

広く知られる存在となった味方良介 『教場』を経て2020年は転機の年に?

 そんな味方にとってのもう一つの大きな転機はやはり、初めて連続ドラマに参加し、レギュラー出演したことなのではないだろうか。彼が出演したのは、小芝風花が主演を務めた『妖怪シェアハウス』(テレビ朝日系)。“妖怪たちの暮らすシェアハウス”に住むこととなったヒロイン・澪(小芝風花)に対し、味方が演じたのは“シェアハウスの隣にある荒波神社の新人神主”であり、“シェアハウスの大家”であり、“陰陽師の末裔”でもあるという奇天烈な役どころ。冷徹な訓練生を演じた『教場』との見事なギャップ。こちらでは視聴者の笑いも誘い話題となった。

 この二作で演じたキャラクターの差異によって、味方に対して“なんでも演れる人”という印象が生まれたのではないかと思う。それは当然のことである。彼は舞台俳優として鍛錬を積み、満を持して映像界に殴り込みをかけたのだ(……というと少しばかり言葉が悪いが、それくらいのインパクトがあるのは否めない)。とはいえ、やはり活動の主軸は演劇にあるようだ。残念ながら2020年は舞台上での味方の姿を見ることはできなかったのだが、2019年に演劇界のメッカ・紀伊國屋ホールを駆け回り、声を張り上げ、彼の放つエネルギーが劇場全体をビリビリと震わせていたのをハッキリと覚えている。早くあの感覚を味わいたい。

 2021年は、年明けの『教場II』(フジテレビ系)にはじまり、すでにいくつかのドラマ作品への出演が発表されている。映画館のスクリーンに登場する日も近いかもしれない。そしてなにより、彼のルーツでもある演劇作品『熱海殺人事件』の「ラストレジェンド ~旋律のダブルスタンバイ~」の上演も控えている。紀伊國屋ホール改装前の、最後の演目だ。見逃してはならない。

■折田侑駿
1990年生まれ。文筆家。主な守備範囲は、映画、演劇、俳優、服飾、酒場など。最も好きな監督は増村保造。Twitter

■放送情報
『教場II』
フジテレビ系にて、2021年1月3日(日)、4日(月)21:00〜2夜連続放送
出演:木村拓哉、濱田岳、上白石萌歌、福原遥、矢本悠馬、杉野遥亮、目黒蓮(Snow Man)、眞栄田郷敦、岡崎紗絵、戸塚純貴、高月彩良、樋口日奈(乃木坂46)、三浦貴大、佐久間由衣、嘉島陸、工藤阿須加、川口春奈、葵わかな、富田望生、味方良介、村井良大、大島優子、三浦翔平、佐藤仁美、和田正人、高橋ひとみ、松本まりか、小日向文世ほか
原作:長岡弘樹『教場』シリーズ(小学館)
脚本:君塚良一
演出:中江功
プロデュース:中江功、渡辺恒也、宋ハナ、遠藤光貴(SWITCH)
制作協力:SWITCH
制作著作:フジテレビ
(c)フジテレビ
公式サイト:https://www.fujitv.co.jp/kyojo/
公式Twitter:@kazamakyojo
公式Instagram:@kazamakyojo

『教場』SP編集版
フジテレビ系にて放送
前編:12月29日(火)21:00~22:58
後編:12月30日(水)21:00~23:28
(c)フジテレビ

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アクター分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる