城桧吏主演映画『都会のトム&ソーヤ』2021年全国公開決定 特報映像&ティザービジュアルも

 映画『都会のトム&ソーヤ』が2021年に全国公開されることが決定し、あわせてティザービジュアルと特報映像が公開された。

 本作は、シリーズ累計180万部を超え、「マチトム」と呼ばれて愛読されている同名推理小説シリーズを映画化したもの。“究極のゲーム”を作るため、都会の様々な場所を舞台に、どこにでもいそうな中学2年生だが、どんな状況も切り抜けられるサバイバル能力を持つ内藤内人と、学校始まって以来の天才と言われ、一大財閥“竜王グループ”の御曹司である竜王創也の2人が推理と冒険を繰り広げていく。当初は2020年の劇場公開を目指していたが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、撮影を延期。2020年10月に撮影を再開し、無事にクランクアップを迎えた。

 本作が初主演となる『万引き家族』『約束のネバーランド』の城桧吏が内人役で主演を務め、「スターダストプロモーション第1回 スター☆オーディション」で男子グランプリを射止め、本作が俳優デビューとなる酒井大地が創也を演じる。そして、内人の好意に気付かず、創也に想いを寄せる同級生・堀越美役を豊嶋花が務める。『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』『ニセコイ』『チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話』の河合勇人が監督を務め、脚本を『おっさんずラブ』の徳尾浩司が手がける。

 公開されたティザービジュアルは、内人と創也の2ショットをとらえたものになっている。

映画『都会のトム&ソーヤ』特報映像

 特報映像では、何気ない日常を送っていた内人らが“普通じゃない大冒険”につながる扉に足を踏み入れ、学校や街中で推理と冒険を繰り広げる様子が描かれている。

■公開情報
『都会のトム&ソーヤ』
2021年全国公開
監督:河合勇人
脚本:徳尾浩司
出演:城桧吏、酒井大地、豊嶋花
原作:はやみねかおる『都会のトム&ソーヤ』(講談社YA! ENTERTAINMENT刊)
配給:イオンエンターテイメント
製作幹事:電通、ヨアケ
製作プロダクション:ROBOT
(c)2021マチトム製作委員会

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる