『七人の秘書』広瀬アリスが仲間への貢献を果たす 『半沢直樹』を彷彿とさせるセリフも

『七人の秘書』広瀬アリスが仲間への貢献を果たす 『半沢直樹』を彷彿とさせるセリフも

 黒子である秘書の暗躍を描いたお仕事ドラマ『七人の秘書』(テレビ朝日系)がついに最終話を迎えた。元も現役も含め、7名の経済界や政界トップの秘書が連携し、各所に蔓延る悪をこらしめる勧善懲悪ストーリーで、回を追うごとに視聴率を伸ばし続けてきた。

 最終話の見どころは何と言っても、裏のフィクサーでラスボス・財務大臣の粟田口十三(岸部一徳)と秘書軍団との闘いの行方だ。秘書集団の元締めでありラーメン屋店主の萬(江口洋介)の毎話お馴染みの台詞「ここからは引き取らせてもらう」は、最終話でようやく再会を果たした親友かつ千代(木村文乃)の兄でもある一男(マキタスポーツ)に対して向けられた。

 粟田口に先手を打たれ、第1話での暗躍シーンの写真が各ボスの手に渡ってしまった秘書たちはそれぞれ解雇になってしまう中、ついに七菜(広瀬アリス)の出番が回ってくる。後から“七人の秘書”に加入した彼女は、“最後の砦”としてラストにしてようやく仲間への貢献を果たす。それぞれの秘書たちも前職で知り得た情報や人脈を持ってして、持ち場持ち場で粟田口を追い詰めるネタを収集していく。

 そうして“七人の秘書”たちが粟田口に仕掛けた復讐もこの上なく痛快だった。これまで通りパク・サラン(シム・ウンギョン)の巧みなハッカーの才能を生かして、証拠動画を拡散させるのかと思いきや、それは実際にはダミー配信だった。

 慌てた粟田口が釈明会見を開き、自らの口から自身に掛けられた疑惑について話し、墓穴を掘るという滑稽極まりない筋書きが用意されていたのだった。最後には往生際の悪い粟田口の醜態が晒されていたが、この腐敗がドラマという虚構の世界内での話だと一蹴してしまえないのが悲しい現実だ。確かに「記憶にございません」「私は関知していなかった。全て秘書がやったこと」とは常套句で、こと政治の世界では“秘書”はトカゲの尻尾切りに遭いやすい存在だ。都合が悪い時には公的文書が保管されていなかったり、領収書が発行されていないことになっていたり、そんなことがこの世でノンフィクションで起こっている。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる