篠原涼子が禁断の不倫愛に挑む Netflixオリジナルシリーズ『金魚妻』制作決定

 Netflixオリジナルシリーズ『金魚妻』が2021年に配信されることが決定した。

 本作は、『グランドジャンプめちゃ』(集英社刊)で連載中の累計220万部を超える黒沢Rによる大ヒット同名漫画を映像化するもの。篠原涼子が、主人公・平賀さくらを演じる。

 風情ある風景が残る下町に隣接する高層タワーマンションの最上階。平賀さくらは、ある事故をきっかけに夢を諦め、美容室を経営する夫と結婚し、今は専業主婦として、誰もが羨む華やかな生活を送っていた。だが一人になった時、彼女の心はいつも悲しみに包まれているのだった。一度は愛し、結婚した夫から受ける言葉と身体への暴力。それでも夫と暮らす家を出ることができないさくらは、金魚鉢の中で泳ぐ“金魚”に自分を重ねるのだった。そしてある日、“金魚”をきっかけにある男性と出会う。そして、さくらはありのままの自分を受け入れてもらえたことで、今まで押し殺してきた気持ちを抑えることができず、さくらは一線を超えてしまう。それは、一時だけの不倫なのか、それとも運命の出会いなのか。

 脚本を担当するのは、『モトカレマニア』(フジテレビ系)、『コウノドリ』シリーズ(TBS系)の坪田文。『最高の離婚』(フジテレビ系)、『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(フジテレビ系)などの演出を務めたフジテレビの並木道子が監督を務める。

 主演の篠原、中野利幸プロデューサー、坂本和隆エクゼクティブ・プロデューサーからはコメントが寄せられている。

コメント

篠原涼子

お話を頂いて、私自身演じた事の無い役柄でもございましたので、挑戦させて頂くという思いで出演させていただく事になりました。
お家時間のお供にNetflixを観ているので、自分が出演出来るのは本当に嬉しいです。
新しい生活様式の中で、改めて不変的な想いを作品を通して伝えて行けたら思います。

中野利幸(プロデューサー/フジテレビ)

原作の女性の繊細な心情に寄り添いつつ、エロティックな描写に魅了されましたが、地上波での映像化は難しいと思っていました。今回、Netflixと組むことで性描写などにも躊躇なく挑戦できそうなので、素晴らしい化学反応が起きると信じています。『ラスト・シンデレラ』などでご一緒した篠原涼子さんとも、また仕事が出来て光栄です。とてもエッチなラブロマンスをご期待ください。

坂本和隆 (エクゼクティブ・プロデューサー/Netflix コンテンツ・アクイジション部門 ディレクター)

日常生活の中でさまざまな環境変化が起きる現代、人間関係における向き合い方も変化してきているのではないでしょうか。本作では新たな視点・価値観の混在が魅力のひとつでもあります。並木道子監督や撮影にお迎えする相馬大輔さんが美しい映像表現と複雑な人間ドラマに挑戦されることでどのようなアンサンブルを織り成すか、今から心待ちにしております。

■配信情報
Netflixオリジナルシリーズ『金魚妻』
2021年、Netflixにて全世界同時配信予定
監督:並木道子(フジテレビ)
脚本:坪田文
撮影:相馬大輔
エグゼクティブ・プロデューサー:坂本和隆(Netflix コンテンツ・アクイジション部門ディレクター)
プロデューサー:中野利幸(フジテレビ)/浅野澄美(FCC)
制作プロダクション:フジクリエイティブコーポレーション
製作:Netflix

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる