三戸なつめ、『おちょやん』母親役で見せた新たな輝き 作品のスタートに大きな印象残す

三戸なつめ、『おちょやん』母親役で見せた新たな輝き 作品のスタートに大きな印象残す

 11月30日からスタートした、杉咲花主演のNHK連続テレビ小説『おちょやん』に、主人公おちょやんの亡くなった母・サエとして登場した三戸なつめ。モデルやタレント、アーティストとして、明るいキャラで幅広く活躍し、今年は映画『明日、キミのいない世界で』や『ロックンロール・ストリップ』などの作品で女優としても注目される彼女が、わずかな出演時間ながらも、おちょやんの心の支えとなる母親役として魅力的な演技を見せた。

 きゃりーぱみゅぱみゅ、CAPSULEらが所属するアソビシステムに在籍する三戸。2010年頃からモデルとして頭角を現し、「自分の殻を破る1つの行為」(日本テレビ系『人生が変わる1分間の深イイ話』より)というトレードマークの前髪を短く切り揃えたヘアスタイルと、ナチュラルで飾らない明るさで、『mer』『Zipper』『SEDA』などの青文字系雑誌モデルの顔として活躍。もはや「三戸なつめ」といういちキャラクターとして、バラエティやCMでも活躍し、2015年には、本人も「人生を変えた出来事」(参照:【50 Questions】三戸なつめに50の質問!|ASBS made in harajuku)という中田ヤスタカプロデュース楽曲「前髪切りすぎた」で歌手デビュー。そのカップリングの「コロニー」が主題歌となった桐谷美玲主演映画『恋する・ヴァンパイア』(「・」はハートマークが正式表記)で映画初出演を果たし、普段の三戸そのままの明るいキャラクターを演じた。

三戸なつめ 『前髪切りすぎた-全部入り篇-』

 2018年からは本格的に女優業も行う。中でも印象的だったのが、ドラマ『賭ケグルイ』シリーズ(MBS/TBS)での、私立百花王学園を支配する生徒会役員のひとり、黄泉月るな。子どもらしい言動ながらも、その随所に狂気が見え隠れする原作キャラクターを見事に再現し、キャスティングの勝利とも呼ばれた。この無邪気な演技というのは、同年の若月佑美主演の舞台『鉄コン筋クリート』でのシロ役でも見せていた。『賭ケグルイ』では狂気として、『鉄コン筋クリート』では優しさとして、三戸らしさが発揮されたと言える。

 今回の『おちょやん』は、芝居の街・大阪道頓堀を舞台に、喜劇女優として活躍し“大阪のお母さん”と呼ばれるまでになった女性・千代(杉咲花)の波乱万丈の人生を描く。千代は、「弟・ヨシヲと家を守る」という、5歳の時に亡くした母・サエとの約束を守るべく家の一切を担ってきた。そこに後妻の栗子(宮澤エマ)がやって来て対立。物語の序盤では、「千代VS栗子」という構図が出来上がっていく。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アクター分析」の最新記事

もっとみる