ティルダ・スウィントン演じる叔母との出会いで人生が激変 『どん底作家の人生に幸あれ!』予告編

ティルダ・スウィントン演じる叔母との出会いで人生が激変 『どん底作家の人生に幸あれ!』予告編

 2021年1月22日に公開される映画『どん底作家の人生に幸あれ!』の予告編が公開された。

 本作は、19世紀イギリスの国民的作家で、今年2020年が没後150年にあたるチャールズ・ディケンズの代表作『デイヴィッド・コパフィールド』を映画化した人間ドラマ。

 ディケンズの長年のファンであるというイアヌッチ監督は「ディケンズの第8作目である『デイヴィッド・コパフィールド』を読み返したとき、これは現代に通じる物語だと感じた」と映画化を決意。人間の不屈の精神を讃える名作をコミカルによみがえらせ、国境がなくなりつつある現代に合わせ、世界中の演劇界や映画界から色とりどりのキャストを迎えた。

 主人公デイヴィッドを演じるのは、『LION/ライオン~25年目のただいま~』『ホテル・ムンバイ』のデヴ・パテル。不遇な少年期を過ごしたデイヴィッドを助ける裕福だが気性が激しい叔母役に『サスぺリア』のティルダ・スウィントン、デイヴィッドに爬虫類のように付きまとう奇妙な世話係に『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』のベン・ウィショーが名を連ねたほか、『トゥモローランド』のヒュー・ローリー、『パディントン』のピーター・キャパルディらが出演する。

『どん底作家の人生に幸あれ!』予告編

 公開された予告編では、冒頭「これは誰も予想できなかった、私の激動の人生ですー」とデイヴィッドが語るように、幸せな少年デイヴィッドの人生は、愛する母の再婚をきっかけに大きく変わっていく。継父に追い出され、ロンドンの瓶詰工場での過酷な労働に明け暮れる日々、そして最愛の母の訃報。大都会で独りぼっちになった青年デイヴィッド(デヴ・パテル)だったが、変わり者だが実は優しい伯母(ティルダ・スウィントン)との出会いにより人生が激変。名門校に進学し運が向いてきたかと思いきや、伯母の破産や「僕が君たちに悲劇をプレゼントするよ」という謎めいた男ユライア(ベン・ウィショー)の登場で、ディヴィッドの人生はまたしても急降下してしまう。

■公開情報
『どん底作家の人生に幸あれ!』
2021年1月22日(金)TOHOシネマズ シャンテ、シネマカリテほか全国順次ロードショー
監督:アーマンド・イアヌッチ
原作:『デイヴィッド・コパフィールド』チャールズ・ディケンズ著(新潮文庫刊、岩波文庫刊)
出演:デヴ・パテル、ピーター・キャパルディ、ヒュー・ローリー、ティルダ・スウィントン、ベン・ウィショー
配給:ギャガ
原題:The Personal History of David Copperfield/2019年/イギリス・アメリカ/シネスコ/5.1chデジタル/120分/字幕翻訳:松浦美奈 
(c)2019 Dickensian Pictures, LLC and Channel Four Television Corporation
公式サイト:gaga.ne.jp/donzokosakka

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる