羽鳥慎一、本人役でドラマスペシャル『逃亡者』に出演 主演・渡辺謙が熱烈オファー

羽鳥慎一、本人役でドラマスペシャル『逃亡者』に出演 主演・渡辺謙が熱烈オファー

 12月5日と6日に2夜連続で放送される渡辺謙主演のテレビ朝日開局60周年記念ドラマスペシャル『逃亡者』に、羽鳥慎一アナウンサーが本人役で出演することが決定した。

 本作は、1993年にはハリソン・フォード主演で映画化もされた、1963年から67年にかけてアメリカで放送されたテレビシリーズ『逃亡者』の日本版。テレビ朝日がワーナー・ブラザース・インターナショナル・テレビ・プロダクション(WBITVP)とタッグを組み、「テレビ朝日開局60周年記念番組」として制作する。

 主人公は、エリート外科医・加倉井一樹。ある夜、彼の妻が惨殺される事件が起きる。現場に居合わせた加倉井に容疑がかけられるも、加倉井は義手の男が犯人だと訴えるが、逮捕起訴され裁判で死刑判決が下される。ところが、護送車が事故に遭遇。加倉井は無実を証明するために逃亡。自らの手で真犯人を探し出すほかに、残された道はないと信じて……。

 渡辺が演じるのは、妻殺しの容疑を晴らすため逃亡する主人公のエリート外科医・加倉井一樹。そして、加倉井を執拗に追い詰める警視庁広域捜査班班長・保坂正巳を豊川悦司が演じる。

 羽鳥にラブコールを送ったのは、主演の渡辺。プライベートでも羽鳥と親交のある渡辺が、「ワイドショーのシーンが登場するならば、ぜひ羽鳥さんにお願いしたい」とオファーしたことから、今回のキャスティングが実現した。

 撮影は『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)の生放送終了後、同番組のスタジオを借りてそのまま行われ、『モーニングショー』でアシスタントを務めている斎藤ちはるアナウンサーも登場。羽鳥は、「おはようございます。まずは今、日本中を騒がせているこのニュースからです」と、渡辺演じる主人公・加倉井が逃走中というトップニュースを緊迫したムードで伝えるシーンに挑戦。本物の『モーニングショー』さながらの自然な演技を披露した。

 さらに、同番組のコーナー担当・野上慎平アナウンサーも中継リポーターとして出演。現地リポートを行っており、まさに『モーニングショー』全面協力で“加倉井死刑囚逃亡”という重大ニュースをリアルに伝える。

 羽鳥アナは「本当にほんの少しだけ、普段のアナンサーの役割で関わらせていただきました。大変光栄です」と恐縮しながらも、「私の中では、“世界の渡辺謙さん”と共演したという認識で、これから生きていきたいと思います」とジョークを交えて熱演をアピールしている。

■放送情報
ドラマスペシャル『逃亡者』
テレビ朝日系にて、12月5日(土)、6日(日)2夜連続放送
出演:渡辺謙、豊川悦司、夏川結衣、稲森いずみ、杉本哲太、村田雄浩、余貴美子、宇梶剛士、火野正平、三浦翔平、原沙知絵、藤本隆宏、岩男海史、篠井英介
脚本:吉本昌弘
チーフプロデューサー:五十嵐文郎(テレビ朝日)
プロデューサー:藤本一彦(テレビ朝日)、神田エミイ亜希子(テレビ朝日)
監督:和泉聖治
制作協力:角川大映スタジオ
制作著作:テレビ朝日
(c)テレビ朝日

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる