三浦翔平、稲森いずみ、夏川結衣、余貴美子ら、渡辺謙主演ドラマスペシャル『逃亡者』出演へ

三浦翔平、稲森いずみ、夏川結衣、余貴美子ら、渡辺謙主演ドラマスペシャル『逃亡者』出演へ

 渡辺謙主演のテレビ朝日開局60周年記念ドラマスペシャル『逃亡者』が12月5日と6日に2夜連続で放送されることが決定し、あわせて追加キャストが発表された。

 本作は、1993年にはハリソン・フォード主演で映画化もされた、1963年から67年にかけてアメリカで放送されたテレビシリーズ『逃亡者』の日本版。テレビ朝日がワーナー・ブラザース・インターナショナル・テレビ・プロダクション(WBITVP)とタッグを組み、「テレビ朝日開局60周年記念番組」として制作する。

 主人公は、エリート外科医・加倉井一樹。ある夜、彼の妻が惨殺される事件が起きる。現場に居合わせた加倉井に容疑がかけられるも、加倉井は義手の男が犯人だと訴えるが、逮捕起訴され裁判で死刑判決が下される。ところが、護送車が事故に遭遇。加倉井は無実を証明するために逃亡。自らの手で真犯人を探し出すほかに、残された道はないと信じて……。

 渡辺が演じるのは、妻殺しの容疑を晴らすため逃亡する主人公のエリート外科医・加倉井一樹。そして、加倉井を執拗に追い詰める警視庁広域捜査班班長・保坂正巳を豊川悦司が演じる。

 事件の犠牲者となる加倉井の妻・陽子を演じるのは、夏川結衣。長く連れ添う間にいつしかすれ違ってしまったものの、心の底では夫を愛し、支え続けてきた控えめな妻・陽子を、夏川が繊細に表現する。逃走中、加倉井に手を差し伸べる美しき後輩医師・松崎美里を稲森いずみが演じる。さらに、加倉井の親友でもある医師・宮島光彦役に杉本哲太、同期の医師・石森卓役に村田雄浩が決定。そして、逃亡中の加倉井の窮地を救う“謎の女”米本花江を余貴美子が演じる。

 また、豊川紛する保坂率いる“警視庁特別広域捜査班”のメンバーにも個性豊かな精鋭メンバーが名を連ねる。『M 愛すべき人がいて』(テレビ朝日系)での熱演も記憶に新しい三浦翔平が、FBI帰りの若きキャリア捜査官・鴨井航、『特捜9』(テレビ朝日系)ではクールビューティーな監察医でおなじみの原沙知絵は、メンバーの中で唯一、保坂の過去を知る柏木弥生役を務める。

 さらに、元競泳日本代表で劇団四季でも活躍した藤本隆宏、演劇の衣装デザイナーとしても活躍している岩男海史ら、異色の経歴を持つ新進俳優たちもチーム入り。このほか、宇梶剛士、火野正平、篠井英介らベテラン俳優たちが顔を揃える。

■放送情報
ドラマスペシャル『逃亡者』
テレビ朝日系にて、12月5日(土)、6日(日)2夜連続放送
出演:渡辺謙、豊川悦司、夏川結衣、稲森いずみ、杉本哲太、村田雄浩、余貴美子、宇梶剛士、火野正平、三浦翔平、原沙知絵、藤本隆宏、岩男海史、篠井英介
脚本:吉本昌弘
チーフプロデューサー:五十嵐文郎(テレビ朝日)
プロデューサー:藤本一彦(テレビ朝日)、神田エミイ亜希子(テレビ朝日)
監督:和泉聖治
制作協力:角川大映スタジオ
制作著作:テレビ朝日
(c)テレビ朝日

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる