マイケル・ケイン主演『キング・オブ・シーヴズ』本編映像公開 初日は2021年1⽉15⽇に

マイケル・ケイン主演『キング・オブ・シーヴズ』本編映像公開 初日は2021年1⽉15⽇に

 マイケル・ケイン主演映画『キング・オブ・シーヴズ』の公開日が2021年1⽉15⽇に決定し、あわせて本編映像が公開された。

 本作は、2015年、英国史上“最高額”“最高齢”の金庫破り集団として世界中を驚きの渦に巻き込んだ窃盗劇の実話を映画化したもの。『アルフィー』『サイダーハウスルール』、そして『バットマン』シリーズの執事アルフレッド役で知られるケインが主演を務め、第87回アカデミー賞で5部門にノミネート、エディ・レッドメインが主演男優賞を受賞した『博士と彼女のセオリー』のジェームズ・マーシュが監督を務めた。

 かつて「泥棒の王(キング・オブ・シーヴズ)」と呼ばれたブライアン(マイケル・ケイン)。一度は裏社会から引退し、愛する妻と平穏な日々を過ごしていた。しかし、妻の急逝後、知人のバジル(チャーリー・コックス)からロンドン随ーの宝飾店街“ハットンガーデン”での大掛かりな窃盗計画を持ちかけられたことをきっかけに、かつての犯罪にまみれた自分が呼び起こされることになる。ブライアンは、テリー(ジム・ブロードベント)、ケニー(トム・コートネイ)、ダニー(レイ・ウィンストン)、カール(ポール・ホワイトハウス)ら、かつての悪友たちを集め、平均年齢60歳オーバーの窃盗団を結成。綿密な計画のもといざ実行日を迎えようとするが、なぜかブライアン自身が突然計画から抜けると言い出す。

映画『キング・オブ・シーヴズ』本編映像

 公開された本編映像は、今回の標的“ハットンガーデン”の⾦庫にまさに侵⼊しようとするところから始まる。バジルがいくつものセキュリティを解除、これからお宝を奪うミッションを開始しようとした⽮先、警報ランプが⾚く光っていることに気づいたブライアン。セキュリティ担当のバジルも思わず困惑し、「ああ、多分どこかで」と要領の得ない答えを返す事しかできないまま、⾒張り役のケニーを探しに⾏く。しかしそこで⾒つけたのは、なんと、⾒張り役であるにもかかわらず、夜遅い時間の睡魔に勝てず眠りこけるケニー。しかもケニーは睡眠を邪魔されたことに機嫌が悪くなり「俺にどうしろと?」と逆切れ、バジルに「起きてて」と⼀蹴される。

■公開情報
『キング・オブ・シーヴズ』
2021年1月15日(金)、TOHOシネマズ シャンテほか全国順次公開
監督:ジェームズ・マーシュ
出演:マイケル・ケイン、ジム・ブロードベント、トム・コートネイ、チャーリー・コックス、ポール・ホワイトハウス、レイ・ウィンストン、マイケル・ガンボン
配給:キノフィルムズ
提供:⽊下グループ
2018年/イギリス/スコープサイズ/108分/カラー/英語/DCP/5.1ch/原題:King of
Thieves/翻訳:鈴⽊恵美/映倫:G
(c)2018 / STUDIOCANAL S.A.S. – All Rights reserved
公式サイト:kingofthieves.jp

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる