栗原英雄、『鎌倉殿の13人』“13人の1人”大江広元に 「人間味溢れた作品になること間違いなし」

栗原英雄、『鎌倉殿の13人』“13人の1人”大江広元に 「人間味溢れた作品になること間違いなし」

 2022年NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の公式Twitterにて、大江広元役を栗原英雄が演じることが発表された。

 NHK大河ドラマ第61作目となる本作の舞台は、平安時代後期から鎌倉時代初期。義兄でもある鎌倉幕府初代将軍・源頼朝にすべてを学んだ二代目執権・北条義時を主人公に、武士の世を盤石にした彼の生き様、翻弄された周囲の人々を描き出す。脚本を『新選組!』『真田丸』に続き大河ドラマ3作目となる三谷幸喜が手掛ける。

 大江広元は、源頼朝の側近として鎌倉幕府設立にも多大な貢献を果たした人物。頼朝の死後は、“13人の1人”に名を連ねる。

 栗原は、「その時代の日本における政治の激動を一身に体現した大江広元という人物を演じることは、役者冥利に尽きます。生き抜く力の数値がとてつもなく高い人物だと思います」とコメント。三谷が脚本を手がけた『真田丸』には真田信尹役で出演しており、「たまたま私の舞台をご覧になって、『信尹を見つけました!』とプロデューサーさんに推薦して下さり出演が決まりました。人生分からないものです。三谷さんと私は全く面識がなかった中からの出来事だったのですから」とキャスティングの裏側を明かした。

コメント全文

『鎌倉殿の13人』出演の意気込み

頼朝の腹心であり、草創期の幕府の中心的存在。
有力御家人の権力抗争からも自ら距離を取り、長きにわたり幕府に仕えた優れた政治手腕の持ち主で北条氏と協調しながら武家政権の確立に貢献した人物。
その時代の日本における政治の激動を一身に体現した大江広元という人物を演じることは、役者冥利に尽きます。
生き抜く力の数値がとてつもなく高い人物だと思います。
型にとらわれず、より人間的に時代を生き抜いた鎌倉殿の13人の1人として存在出来るよう全力で挑戦致します!

大河ドラマ出演について

『真田丸』
真田信尹役を探していた三谷さんが、たまたま私の舞台をご覧になって、「信尹を見つけました!」とプロデューサーさんに推薦して下さり出演が決まりました。
人生分からないものです。
三谷さんと私は全く面識がなかった中からの出来事だったのですから。

三谷幸喜作品への出演について

2016年 大河ドラマ『真田丸』(NHK総合) 
2017年 舞台『不信〜彼女が嘘をつく理由』
2018年 正月時代劇『風雲児たち〜蘭学れぼりぅうし編』(NHK総合)
2019年 映画『記憶にございません』
2020年 舞台『大地ソーシャルディスダンシングバージョン』
全く違ういろいろな役を与えて下さり、役者として幸せですね。
作品の登場人物全ての方々への分け隔てない愛情をお持ちで、三谷さんはそれぞれの役柄の人生を繊細に描かれます。
演じるだけでなく、観る側でもワクワクします。
今回もそれぞれのキャラクターの人間味溢れた作品になること間違いなしです!

共演者について

大河ドラマならではの豪華なキャストの皆様の中に参加させて頂けることを光栄に思っております。真田丸でご一緒した新納さん、迫田さんが、仕える源家に居てくださる安心感はありますね。新納さんとは舞台でも共演させて頂いていますし、迫田さんとは『真田丸』やイベントなどいろいろな場面でご一緒でしたし(笑)。
小栗旬さんと長く幕府を支えた義時、広元の関係をいろいろお話しさせて頂きながら、構築出来たらと思っております。
それぞれのキャラクターの皆様宜しくお願い致します。

■放送情報
『鎌倉殿の13人』
NHK総合にて、2022年放送
主演:小栗旬
脚本:三谷幸喜
制作統括:清水拓哉、尾崎裕和
演出:吉田照幸、末永創、保坂慶太、安藤大佑
プロデューサー:長谷知記、大越大士、吉岡和彦、川口俊介
写真提供=NHK

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる