宮澤エマ、『鎌倉殿の13人』阿波局役で大河ドラマ初出演 「本当に楽しみで、本当に怖いです」

宮澤エマ、『鎌倉殿の13人』阿波局役で大河ドラマ初出演 「本当に楽しみで、本当に怖いです」

 2022年NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の公式Twitterにて、阿波局役を宮澤エマが演じることが発表された。

 NHK大河ドラマ第61作目となる本作の舞台は、平安時代後期から鎌倉時代初期。義兄でもある鎌倉幕府初代将軍・源頼朝にすべてを学んだ二代目執権・北条義時を主人公に、武士の世を盤石にした彼の生き様、翻弄された周囲の人々を描き出す。脚本を『新選組!』『真田丸』に続き大河ドラマ3作目となる三谷幸喜が手掛ける。

 阿波局は北条時政の娘であり、義時の妹。宮澤は自身が演じる阿波局について、「伊豆の素朴な武家の娘として生まれ育った娘が、鎌倉幕府の政局を揺るがすほどの影響力のある“阿波局”になるには、混沌とした勢力争いの中を生き抜いていく北条家ならではのたくましさがあるのかな、と想像しています」とその人物像を分析。三谷作品の魅力については、「喜怒哀楽のジェットコースター、と言いますか、まるで悲劇と喜劇を同時に演じている様な印象を受けます。また、自分が演じているところが到底想像できなかったり、キャパシティを超えているのではないかという役やシチュエーションを必ず描かれる印象があるので、今回は一体どんなドラマが待ち構えているのか本当に楽しみで、本当に怖いです」とコメントを寄せている。

コメント全文

『鎌倉殿の13人』出演の意気込み

伊豆の素朴な武家の娘として生まれ育った娘が、鎌倉幕府の政局を揺るがすほどの影響力のある「阿波局」になるには、混沌とした勢力争いの中を生き抜いていく北条家ならではのたくましさがあるのかな、と想像しています。三谷さんには「阿波局の人生を思い切り明るく演じてほしい」と、言われました。長い時間をかけて1人の人物を演じさせて頂ける喜びを胸に明るく、たくましく生きる阿波局を「歴史上の人物」を超えて愛される様、精一杯演じたいと思っています。

大河ドラマ出演について

今回が初めての大河ドラマ出演となります。私が子どものころ、毎週日曜日に祖父母の家に行くと 7時のニュース、『ダーウィンが来た』そして大河ドラマという流れの中でよく食卓を囲んでいました。今回大河ドラマに出演させていただけることを 1 番喜んでくれているのは亡き祖父母ではないかと思います。

三谷幸喜作品への出演について

三谷さんの作品は映画『記憶にございません!』、ミュージカル『日本の歴史』、シットコム『誰かが、見ている』に続いて4作品目になります。初めて出演した映画も三谷さんの作品だったので、初めての大河ドラマが三谷作品で大変嬉しく、光栄に思っています。個人的に三谷作品は喜怒哀楽のジェットコースター、と言いますか、まるで悲劇と喜劇を同時に演じている様な印象を受けます。また、自分が演じているところが到底想像できなかったり、キャパシティを超えているのではないかという役やシチュエーションを必ず描かれる印象があるので、今回は一体どんなドラマが待ち構えているのか本当に楽しみで、本当に怖いです。

共演者について

初めて「鎌倉殿」のキャスト表を渡された際あまりに錚々たるメンバーの皆様のお名前に、何度も何度もただただ読み返しては自分の名前がそこに書いてあることに衝撃を受けていました。その中で、三谷さんのシットコムで数々の無理難題を一緒に乗り越えた佐藤二朗さんや小池栄子さんのお名前を見つけて何故か勝手にほっとしたのを覚えています。

■放送情報
『鎌倉殿の13人』
NHK総合にて、2022年放送
主演:小栗旬
脚本:三谷幸喜
制作統括:清水拓哉、尾崎裕和
演出:吉田照幸、末永創、保坂慶太、安藤大佑
プロデューサー:長谷知記、大越大士、吉岡和彦、川口俊介
写真提供=NHK

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる