『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』メイキング写真公開 岡田准一のアクションに江口カン監督も脱帽

『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』メイキング写真公開 岡田准一のアクションに江口カン監督も脱帽

 2021年2月5日公開の映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』より、メイキング写真が公開された。

 累計発行部数750万部の人気を誇る南勝久のコミック『ザ・ファブル』(講談社『ヤンマガKC』刊)を映画化した2019年公開の前作は、圧倒的な強さと的確な手腕で、岡田准一演じる狙った相手を6秒以内で必ず仕留める最強の殺し屋・通称“ファブル”が、1年間殺し屋を休業し、大阪で一般人・佐藤アキラとして普通の生活を送るというミッションを遂行する模様が描かれた。

 続編となる本作は、アキラがかつて助けられなかった車椅子の少女・ヒナコ(平手友梨奈)と再会するところから物語が始まる。しかし、その影には、表向きは子供を守るNPO代表だが裏では若者を平気で殺す危険な男・宇津帆(堤真一)や、凄腕の殺し屋・鈴木(安藤政信)がいて……。

 公開されたメイキング写真では、主演だけでなくファイトコレオグラファーとしても現場を牽引した岡田の真剣な表情が切り取られている。

 プロデューサーは「岡田さんに初期段階からアクション作りに参加してもらったおかげで、岡田さんの持っているアクションセンスをフルに発揮してもらうことができた」と岡田を絶賛。江口カン監督も「アクションは岡田さんから多くを学びました。それを誇りとして、これからもいろんな作品を撮影していけるなと思っています。僕にとっての師匠ですね」と敬意を表し、現場では“岡田師範”とも呼んでいたという。また、「教えるのがめちゃくちゃうまいんですよ。見ていると自分もやりたくなるし、できるんじゃないか?って気になるんです。教えている様子そのものが面白いです」とアクション指導をしていた岡田の姿を振り返っている。

『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』ジャッカル富岡ダイジェスト映像

 また、本作で宮川大輔が演じるジャッカル富岡のTikTokアカウント(@jackal_tomioka)も開設された。上裸に赤ネクタイという強烈なビジュアルが話題の“笑いの中学一年生”ことジャッカル富岡は、ファブルが唯一感情をあらわにして爆笑するお笑い芸人でもある。

 あわせて、今後TikTokで投稿されるであろう映像がダイジェストで公開。映像では、TikTokトレンドに挑戦するジャッカル、日常生活に溶け込むジャッカルなど様々な姿が映し出されており、映像内で「フォロワーが1億人を突破したらドラマ主演が決まる」と豪語する様子も確認できる。

ジャッカル富岡

■公開情報
『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』
2021年2月5日(金)全国公開
出演:岡田准一、木村文乃、平手友梨奈、安藤政信、黒瀬純、好井まさお、橋本マナミ、宮川大輔、山本美月、佐藤二朗、井之脇海、安田顕、佐藤浩市、堤真一
原作:南勝久『ザ・ファブル』(講談社『ヤンマガKC』刊)
監督:江口カン
配給:松竹
企画・製作:松竹×日本テレビ
制作プロダクション:ギークサイト
(c)2021『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』製作委員会
公式サイト:https://the-fable-movie.jp/
公式Twitter:@the_fable_movie
公式Instagram:@fable_movie

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる