岩田剛典×新田真剣佑『名も無き世界のエンドロール』ポスター&場面写真公開 主題歌は須田景凪

岩田剛典×新田真剣佑『名も無き世界のエンドロール』ポスター&場面写真公開 主題歌は須田景凪

 岩田剛典と新田真剣佑が初共演を果たす、2021年1月29日公開の映画『名も無き世界のエンドロール』のポスタービジュアルと場面写真が公開された。

 行成薫が「第25回小説すばる新人賞」を受賞した同名サスペンス小説を映画化する本作は、表と裏、2つの世界でのし上がるバディの物語。映画『累 -かさね-』『ういらぶ。』を手がけた佐藤祐市が監督を務める。

 問題のある家庭で、淋しさを抱えて育ったキダ(岩田剛典)とマコト(新田真剣佑)。そこへ同じ境遇の転校生・ヨッチ(山田杏奈)もまじわり、少年期から成人まで、3人は支え合いながら生きてきた。だがある時、ヨッチは2人の前から突然消えてしまう。それから10年もの月日が流れ、キダとマコトは表と裏それぞれの世界を、死に物狂いでのし上がっていた。全ては、世界の片隅で生きてきた彼らとは住む世界の異なる“ある女性”にプロポーズをするため。しかし、実はそれは日本中をも巻き込んだ、ある壮大な計画だった。ラスト20分、想像を絶する衝撃のエンドロールが幕を開ける。

 公開されたポスタービジュアルでは、エンドロールを見守る“ラストシーン”のキダとマコトの意味深な表情に加え、幼なじみのヨッチ、マコトが追い続けている政治家令嬢のリサ、修理工場の社長・キダら登場人物の姿が切り取られている。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

 場面写真では、音信不通になっていたマコトと再会を果たしたキダが、マコトから壮大な“ある計画”を知らされるシーンや、冷たい表情で銃を突き付けるキダ、追い続けた憧れのリサと寄り添うマコトの姿が切り取られている。

 また、本作の主題歌が須田景凪の書き下ろし楽曲「ゆるる」に決定した。

 10月23日からはムビチケ販売も開始。前売り特典は、キダとマコトが大写しされているマスクケースとなっている。

 主題歌を務める須田、内部健太郎プロデューサーからはコメントが寄せられている。

コメント

須田景凪

今回『名も無き世界のエンドロール』の主題歌を担当させて頂くことになりました。
最初に映像を観させて頂いた時、小さな傷が大きな渦になっていく様な感覚を覚えました。
作品全体を包む寂寥感を自分なりに音楽にしました。
ぜひ映画とともに楽しんで頂けたら幸せです。

内部健太郎プロデューサー

様々な世代の方に楽しんでもらえる作品にしたいと思い企画しましたが、中でも若い世代の方々にこそ観て頂きたいという想いの中で、ニコニコ動画というデジタルメディアから音楽シーンに登場し、若い世代から熱烈な支持を受ける須田景凪さんにオファーをさせていただきました。多彩な表現のふり幅を持つアーティスト・須田景凪さんの世界観と映画をうまく融合させるために、先ずは映画を鑑賞していただき、感じたことなど須田さんの中の映画のイメージで書下ろしをお願いしました。作品のラストを飾るエンドロールに何を感じ、何を表現するのか、皆さんと同じように僕自身、非常に楽しみです。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

■公開情報
『名も無き世界のエンドロール』
2021年1月29日(金) 全国ロードショー
出演:岩田剛典、新田真剣佑、山田杏奈、中村アン、石丸謙二郎、大友康平、柄本明
原作:行成薫『名も無き世界のエンドロール』(集英社文庫)
監督:佐藤祐市
主題歌:須田景凪「ゆるる」(WARNER MUSIC JAPAN / unBORDE)
制作プロダクション:RIKIプロジェクト、共同テレビジョン
配給:エイベックス・ピクチャーズ
(c)行成薫/集英社 (c)映画「名も無き世界のエンドロール」製作委員会
公式サイト:www.namonaki.jp
公式Twitter:https://twitter.com/namonaki2021
公式Instagram:http://instagram.com/namonaki2021

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる