『DIVER-特殊潜入班-』が最終話で示した“正義”と“善悪” 福士蒼汰にあった狂気性のワケ

『DIVER-特殊潜入班-』が最終話で示した“正義”と“善悪” 福士蒼汰にあった狂気性のワケ

 本格派アクション、かつ現代では珍しいハードボイルドドラマの『DIVER-特殊潜入班-』(カンテレ・フジテレビ系)が最終話を迎え、様々な人間の思惑と信じる正義が交錯する結末となった。

 危険物質の密輸現場で警察に身柄を拘束された黒沢兵悟(福士蒼汰)は、護送車から脱走し、今回の爆発事件を発端とした一連の流れを仕組んだ張本人とその狙いに気づく。

 黒幕は阿久津(りょう)で、元同僚の岡本正秀(寺脇康文)を見殺しにした警視庁上層部の遠藤洋三(小市慢太郎)を罰するため、また女性初の警視庁総監になることが気に食わず阿久津の足を引っ張ろうとした遠藤への復讐が目的だった。阿久津はそれを伊達(安藤政信)に問われた際に、「これはそんな“ちっぽけなこと、復讐”ではなく、警察組織の腐敗の象徴を打ち壊すため。健全な組織運営のため」だと迷いなく答える。

 部下を前に「テロはどんなことがあっても断じて許さない」と警備強化を唱えながらも、実際には国際テロを装って有毒物質を遠藤に浴びせ抹殺することを仕組んだのは自分自身、本当に「悪を討つためなら手段を選ばない」、それこそが彼女の言う「正義」なのだ。大切な同僚の死を“ちっちゃな復讐”と言って捨ててしまえるほどには、彼女もどこかで本当に大切なものを見失ってしまっている。

 男性社会でずっと獅子奮迅頑張ってきた彼女にはこれまできっとたくさんの理不尽や不条理が降りかかってきたことだろう。心を砕きながらもここまで何とか昇ってきた人だ。そんな彼女が信じる「正義」とは、やられっぱなしではなく自分自身を陥れようとした相手のことは手段を選ばず引きずり落とす、それくらいの気概がなければ今彼女がいる場所には立っていられなかったのかもしれない。それを思うと、彼女もまたそんな社会が生んだ被害者だとも言えなくはない。

 そして今回の復讐計画の担い手になったのは、佐根村将(野村周平)だった。佐根村というのも偽名で、本名は岡本将。そう、岡本正秀の息子だったのだ。そこで遠藤を撃ち殺そうとする佐根村を兵悟が止めに入る。「お前の父親を撃ったのは俺だ。やるなら俺を撃て」と名乗り出る。

 兵悟も尊敬する上司を自身の保身のために見殺しにした遠藤を心底憎んでいたものの、あの現場に居合わせた自分自身が何もできなかったことへの無力感に苛まれており、きっとあの時からずっと自身のことを許せていないのだろう。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる