玉木宏のライバル役・滝藤賢一が登場! 『極主夫道』のシュールな面白さ

玉木宏のライバル役・滝藤賢一が登場! 『極主夫道』のシュールな面白さ

 個性的なキャラクターが登場する『極主夫道』(読売テレビ・日本テレビ系)第2話は、龍(玉木宏)のライバルである虎二郎(滝藤賢一)が出所することから始まる。虎二郎は、不死身の龍と双璧をなす男と恐れられていた。

 ルートが決まったと、相変わらず物凄いスピードで自転車を漕いでいく龍。「戦場に行く」と向かった先は、なんと特売セール会場であった。吹き飛ばされながらも、雅(志尊淳)とともに、欲している商品を目がけて飛び込む。

 その後、たまたま歩いていた先で、龍と虎二郎が出会い、勝負だと喧嘩が始まるかと思いきや、お互いがスイーツを作り始めてSNSでいいね!争いを始めたのだ。相変わらずの変化球に思わず笑みが溢れる。

 しかし、龍が帰宅するとそこには不穏な空気が流れていた。異臭に加え部屋が荒れていて、1話のあの嫌な予感が甦る。案の定、妻の美久(川口春奈)がナポリタンを焦がしてしまっていた。龍が新しく作り直すも、妻思いの龍は美久が焦がしてしまったナポリタンを健気に食べる。ここでも龍の見た目とはギャップのある優しさが垣間見えた。

 その後、「太ったんじゃないの」と娘の向日葵(白鳥玉季)に言われた龍は、家の前でフラフープをし始めるが、警官であるタツキ(古川雄大)に通報があったと帰されてしまう。翌日、ダイエットのために和子(MEGUMI)にフィットネスクラブを紹介してもらった龍。そこにはなんと虎二郎がいた。またまた二人が何かで争い始めるかと思っていると、何やらポーズを取るたびに極道で起こることをうまく言い合う対決が始まった。龍と虎二郎が繰り広げる対決は、極道っぽさを全く感じさせない。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる