『全裸監督』に続くタッグに 『ホテルローヤル』伊藤沙莉&武正晴監督、撮影秘話と演出を語る

『全裸監督』に続くタッグに 『ホテルローヤル』伊藤沙莉&武正晴監督、撮影秘話と演出を語る

 11月13日公開の波瑠主演映画『ホテルローヤル』より、伊藤沙莉と武正晴監督のインタビューが公開された。

 本作は、2013年に第149回直木賞を受賞し、累計発行部数85万部を超える桜木紫乃の同名小説を映画化するもの。原作は七編からなる連作小説で、北海道の湿原に立つラブホテルを舞台に、現在から過去へ時間軸を遡り、ホテルの盛衰とそこを訪れる人々の生と性を、切なくも瑞々しいタッチで描いた。映画では、ホテルローヤルの扉を開く男と女、問題を抱える経営者家族・従業員のそれぞれの人生模様を、波瑠演じるホテルの経営者家族の一人娘・雅代を主軸として描く。

 『百円の恋』『嘘八百』シリーズで監督、Netflixオリジナルシリーズ『全裸監督』で総監督を務めた武監督がメガホンを取り、現在放送中のNHK連続テレビ小説『エール』を手がける清水友佳子が脚本を担当する。

 伊藤は本作で、両親に見捨てられ行き場をなくした“自称ホームレス女子高生”まりあを演じる。伊藤をキャスティングした理由を武監督は「はじめから沙莉しかいないと思っていました。原作を読んで、まりあが担任の高校教師を“せんせぇ”と呼ぶ声が、すでに頭の中で沙莉の声になっていたんです。彼女の声で再生されたように感じたことが、オファーのきっかけです」と伊藤の特徴的な声が決め手になったと語っている。

 伊藤は自身のハスキーボイスについて、以前はコンプレックスだったが、声優としてもオファーをもらえるようになったことで自分の個性だと思えるようになったと明かす。また、武監督からの演出については「ずっと口を開けているなど、とにかく無駄な動きをしてと。だから、観ている人にはまりあという役がちょっと能天気で少しバカっぽく映ると思います。私もはじめは何でだろうと思ったけど、彼女の役はそういう風に見えれば見えるほど、切なく感じさせることができるとわかりました」と振り返る。

 また、特に印象的だったこととして、「監督はいつも私たち役者に少しだけ余白を残してくれます。撮影現場で“まりあは親が出て行って、誰もいない家に帰った時どんな気持ちだったんだろうな…”とまりあの気持ちを私の中で膨らませられるような言葉をそっと投げかけてくれました。こういう気持ちだったんだ、と限定せずに、役者自身に役の内面を想像させる機会を与えてくださるんです」と語った。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

■公開情報
『ホテルローヤル』
11月13日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー
出演:波瑠、松山ケンイチ、余貴美子、原扶貴子、伊藤沙莉、岡山天音、正名僕蔵、内田慈、冨手麻妙、丞威、稲葉友、斎藤歩、友近、夏川結衣、安田顕
監督:武正晴
脚本:清水友佳子
音楽:富貴晴美
主題歌:Leola「白いページの中に」(Sony Music Labels Inc.)
原作:桜木紫乃『ホテルローヤル』(集英社文庫刊)
製作:『ホテルローヤル』製作委員会
製作幹事:メ〜テレ、ファントム・フィルム
配給:ファントム・フィルム
(c)桜木紫乃/集英社 (c)2020 映画『ホテルローヤル』製作委員会
公式サイト:https://www.phantom-film.com/hotelroyal/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる