堤幸彦監督、『望み』での岡田健史の演技を絶賛 「誰にも代えられない存在感を持っている」

堤幸彦監督、『望み』での岡田健史の演技を絶賛 「誰にも代えられない存在感を持っている」

 映画『望み』完成披露舞台挨拶が9月27日に東京・神楽座で行われ、堤真一、石田ゆり子、岡田健史、堤幸彦監督が登壇した。

岡田健史、本当に堤真一が“お父ちゃん”、石田ゆり子が“お母ちゃん”だったらを明かす

 本作は、雫井脩介原作の同名小説を映画化したサスペンス・エンターテインメント。建築家の石川一登(堤真一)は、妻・貴代美(石田ゆり子)や子どもたちと幸せに暮らしていた。ところが高校生の息子・規士(岡田健史)が無断外泊をした夜、同級生の殺害事件が発生。それきり連絡が途絶えてしまった息子の事件関与が疑われていく中、もう一人殺されているという噂が流れる。愛する息子は犯人か、それとももう1人の被害者か。家族の望みが交錯する。

堤真一
石田ゆり子

 冒頭で石田は「およそ全部のシーンが辛い映画です」と挨拶。岡田は深々と一礼し、「石田さんがおっしゃられたように、この映画はすべてにおいて暗くて、辛いことが……まぁその原因は僕(が演じる役)なんですけど、きっとこの時代にこの作品を出す意味がある」と呼びかけた。

 監督は、初タッグとなる堤の芝居を「一言一言に物凄い熱量をかけていただいた。考え抜いた芝居」と絶賛。また岡田について「若い俳優の中でもかけがえない、誰にも代えられない存在感を持っている」と語り、「“残り香”といいますか、振り向いて母を観ながら、目線で何かを残していくところは注目していただきたい。彼の未来を決する作品になっているんじゃないか」と力を込めた。

堤幸彦監督

 そんななか堤は、最初に台本を読んだ際に「お断りしようと思った。難しすぎると思って」と衝撃の事実を告白。撮影に入ってからも「肉体と気持ちが乖離していくような役だったので、本当に辛かった」と語り、現場で少しでも楽しく過ごすために、撮影外では「ベラベラ喋っていた」と振り返った。そんな堤について石田は「ず~っと薪ストーブの話をしていた」と暴露。会場に笑いが起こる中、「私も薪ストーブがほしい」と笑顔を見せた。

岡田健史

 また岡田は「今までの作品とはぜんぜん違うアプローチになったので、この作品、この役と出会えたことが嬉しい」と真摯にコメント。「監督がほとんど僕のことを肯定してくれたおかげで、最後まで規士をのびのびと生きることができた」と語ると、監督も「ありがたいですね」と感慨深げだった。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「レポート」の最新記事

もっとみる