坂本龍一、佐野元春、松任谷由実らが語る レコーディングスタジオ「音響ハウス」の記録映画公開へ

 ドキュメンタリー映画『音響ハウス Melody-Go-Round』が、11月14日より渋谷ユーロスペースほかにて全国順次公開されることが決定。あわせてキービジュアルが公開された。

 本作は、シティポップの総本山として近年再注目を集めているレコーディングスタジオ・音響ハウスにスポットを当てた音楽ドキュメンタリー。

 1974年東京・銀座に設立された音響ハウスは、国内外の著名ミュージシャンたちに愛され、数々の名曲・名盤を生み出しながら、昨年創立45周年を迎えた。YMO時代からこのスタジオで試行錯誤を繰り返してきた坂本龍一をはじめ、松任谷由実、松任谷正隆、佐野元春、綾戸智恵、矢野顕子、鈴木慶一、デイヴィッド・リー・ロス(ヴァン・ヘイレン)ら多彩な顔触れが、音響ハウスとの出会いや思い入れ、楽曲の誕生秘話を語る。さらに、当時のプロデューサーやエンジニアにもフォーカスし、1970〜80年代にかけて勃興した「CITY-POP」がどのように形作られたのかにも迫る。制作秘話とともに、忌野清志郎と坂本龍一がコラボした「い・け・な・いルージュマジック」も紹介される。

 そして、ギタリストの佐橋佳幸とレコーディングエンジニアの飯尾芳史が発起人となり、大貫妙子、葉加瀬太郎、井上鑑、高橋幸宏らゆかりのミュージシャンによるコラボ新曲「Melody-Go-Round」のレコーディングにも密着。若干13歳の期待の女性シンガー・HANAが楽曲に歌声を吹き込んだとき、45年の歴史を持つスタジオだからこそのマジックと奇跡が起こる。

 企画・監督を務めたレコーディングエンジニア出身の相原裕美が、スタジオを維持する機材修理のベテランスタッフにも目を向け、もの作りをする上で最も重要な姿勢を映し出す。

 公開されたキービジュアルは、「音響ハウス」の建物からデザインされたもの。本編で語られるレコーディング時の様々なエピソードを、空から降ってくる魔法のような音の粒に例えて制作された。なお、タイトルのロゴは当時の「音響ハウス」で実際に使用されていたロゴを用いている。

■公開情報
『音響ハウス Melody-Go-Round』
11月14日(土)より、渋谷ユーロスペースほか全国順次公開
出演(登場順):佐橋佳幸、飯尾芳史、高橋幸宏、井上鑑、滝瀬茂、坂本龍一、関口直人、矢野顕子、吉江一男、渡辺秀文、沖祐市、川上つよし、佐野元春、David Lee Roth、綾戸智恵、下河辺晴三、松任谷正隆、松任谷由実、山崎聖次、葉加瀬太郎、村田陽一、本田雅人、西村浩二、山本拓夫、牧村憲一、田中信一、オノセイゲン、鈴木慶一、大貫妙子、HANA、笹路正徳、遠藤誠ほか
監督:相原裕美
エグゼクティブプロデューサー:高根護康
撮影:北島元朗
製作:音響ハウス
配給:太秦
2019年/日本/カラー/ビスタ/Digital/5.1ch/99分
(c)2019 株式会社 音響ハウス
公式サイト:onkiohaus-movie.jp

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる