森山未來、北村匠海、勝地涼が負け犬ボクサーに 『アンダードッグ』特報映像&キャラポスター公開

森山未來、北村匠海、勝地涼が負け犬ボクサーに 『アンダードッグ』特報映像&キャラポスター公開

 森山未來主演映画『アンダードッグ』の公開日が11月27日に決定し、特報映像とキャラクターポスターが公開された。

 本作は、Netflixオリジナルドラマ『全裸監督』の武正晴監督が、原作・脚本を務めた足立紳ら『百円の恋』のスタッフと再タッグを組んだ人間ドラマ。人生から見放された3人の男たちが、何を賭け、何のために戦うのかを描く。

 スターダムに駆け上がっていく選手たちの陰で“咬ませ犬”として踏み台にされながらも、這い上がろうともがく崖っぷちボクサー・晃を主演の森山が演じるほか、過去に秘密を持つ若手ボクサー・龍太役で北村匠海、テレビ番組の企画でボクシングの試合に挑む芸人ボクサー・宮木役で勝地涼が出演する。

映画『アンダードッグ』特報

 公開された特報映像は、リングでタバコをふかしながら大の字に寝転ぶ晃に、「さすがにヤバいでしょ、リングでタバコ吸ってたら」と語りかける龍太のシーンから始まる。3人の男たちの紹介が映し出され、ラストには、嗚咽をもらす晃と「まだ、くすぶってる」の文字が映し出される。

 あわせて公開されたキャラクターポスターには、森山演じる崖っぷちボクサーの息があがる姿、北村演じる秘密の過去を持つ若き天才ボクサーが先を見据える姿、勝地演じる芸人ボクサーの姿が切り取られ、「夢みる燃えカス。」「夢あふれる悪童。」「夢探す半人前。」と、それぞれのキャラクターを象徴するコピーが打たれている。

 なお本作は、前・後編からなる劇場版と全8話の配信版が製作される。劇場版では3人の男たちのドラマが中心に描かれ、配信版は3人の男たちと彼らを取り巻く登場人物の群像劇になっている。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

■公開・配信情報
劇場版『アンダードッグ』【前編】【後編】
11月27日(金)より、ホワイトシネクイントほかにて全国公開
配信版『アンダードッグ』
ABEMAプレミアムにて11月〜配信開始
出演:森山未來、北村匠海、勝地涼
監督:武正晴
原作・脚本:足立紳
音楽:海田庄吾
企画・プロデュース:東映ビデオ
制作プロダクション:スタジオブルー
配給:東映ビデオ
製作:ABEMA、東映ビデオ
(c)2020「アンダードッグ」製作委員会
公式サイト:underdog-movie.jp
公式Twitter:@Movie_UNDERDOG

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる