『典座 -TENZO-』『サウダーヂ』など全12作 特集上映「空族リターンズ2020」開催へ

 特集上映「空族リターンズ2020」が、8月22日から8月28日の1週間にわたって、新宿K’s cinemaにて開催されることが決定した。

 本特集上映では、『バンコクナイツ』『サウダーヂ』などの映画を制作する映像制作集団「空族」による、最新作『典座 -TENZO-』を含む全12作品が一挙上映される。

 昨年公開され、カンヌ国際映画祭の批評家週間に特別招待された富田克也最新作『典座 -TENZO-』は、福島と山梨に生きる二人の若き僧侶の苦悩と、高僧・青山俊董との対話を描き、現代日本における仏教と信仰を探求する。加えて、土方、移民、ヒップホップをテーマに地方都市の現状をえぐりだした空族の代表作ともいえる『サウダーヂ』を35ミリフィルムで上映。さらに、構想に10年を費やし、総移動距離4000kmを超えるタイ・ラオスでオールロケで挑んだ超大作『バンコクナイツ』のほか、富田克也監督作品『国道20号線』『雲の上』も上映。また、フィクション作品と並行して制作され続けているドキュメンタリー『FURUSATO2009』『RAP IN TONDO の長い予告編』『映画 潜行一千里』『ラップ・イン・プノンペン』、そして相澤虎之助監督作品『かたびら街』『花物語バビロン』『バビロン2-THE OZAWA-』も一挙上映される。

 空族の富田と相澤は、「本当の世界はこんなはずじゃない。だから、常に眼前にはあるけど見えていない丸裸を映し出そう。そう思って映画を作り続けてきた。しかし、コロナウイルスは一撃で世界を一変させ、私たちは現実にいながらそれを感知しはじめている。いま再びこの状況下で映画館のスクリーンで映画を観るという行為は、きっと私たちの何か新しい“感知の扉”が開かれていくことに繋がるはずだと思っている」とコメントを寄せている。

Arrow
Arrow
『バビロン 2 -THE OZAWA-』
ArrowArrow
Slider

「空族リターンズ2020」上映ラインナップ

『典座 -TENZO-』
監督:富田克也
脚本:相澤虎之助、富田克也
出演:河口智賢、倉島隆行、青山俊董
2019年/DCP/62分

『バンコクナイツ』
監督:富田克也
撮影・照明:スタジオ石(向山正洋、古屋卓麿)
録音:山崎巌(「崎」は「たつさき」が正式表記)、YOUNG-G/
DJs:SOI48、YOUNG-G
出演:スベンジャ・ポンコン、伊藤仁、川瀬陽太
2016年/DCP/182分

『サウダーヂ』
監督:富田克也
脚本:相澤虎之助、富田克也
撮影:高野貴子
録音・音響効果:山崎巌(「崎」は「たつさき」が正式表記)
出演:田我流、鷹野毅、伊藤仁、デニス・ハマツ、ディーチャイ・パウイーナ、尾﨑愛、川瀬陽太
2011年/35mm/167分

『国道20号線』
監督・編集:富田克也
脚本:相澤虎之助、富田克也
撮影:高野貴子
出演:伊藤仁、鷹野毅、りみ、村田進二、西村正秀、Shalini Tewari
2006年/16mm→DV/77分

『雲の上』
監督・編集:富田克也
脚本:富田克也、井川拓、高野貴子
撮影:高野貴子
出演:西村正秀、鷹野毅、荒木海香、古屋暁美、伊藤仁、相澤虎之助
2003年/8mm→DV/140分

『FURUSATO2009』
企画・撮影:富田克也
構成・編集:高野貴子
2010年/HDV/50分

『RAP IN TONDO の長い予告編』
企画:富田克也
撮影:富田克也、河上健太郎
構成編集:高野貴子
2011年/HDV/60分

『映画 潜行一千里』
監督:向山正洋
出演:スベンジャ・ポンコン、富田克也、相澤虎之助、川瀬陽太
2017年/DCP/124分

『ラップ・イン・プノンペン』
監督:富田克也
出演:YOUNG-G、ヴィサル・ソック
Special Thanks:KlapYaHandz
2018年/デジタル/39分

『かたびら街』
監督・撮影:相澤虎之助
脚本:相澤虎之助、行友太郎
編集:石原寛郎
出演:安田豊久、井川拓、二通じゅん、富田克也、鳥肌実
2003年/8mm→DV/50分

『花物語バビロン』
監督・脚本:相澤虎之助
撮影:相澤虎之助、行友太郎
編集:池原由起子
出演:柳田裕記、安田豊久、行友太郎
1997年/8mm→DV/45分

『バビロン2 -THE OZAWA-』
監督・脚本:相澤虎之助
音声・音楽監修:山崎巌(「崎」は「たつさき」が正式表記)、バビロンバンド
キャスト:富田克也、伊藤仁、鷹野毅、與板由希子、高野貴子、荒木海香
ナレーション:尾崎愛(「崎」は「たつさき」が正式表記)
2012年/8mm→DV/46分

■開催概要
「空族リターンズ2020」
8月22日(土)から8月28日(金)まで、新宿K’s cinemaにて開催
料金:
一般・大・高:1,500円
シニア:1,000円
※リピーター割:1,200円
公式サイト:http://www.ks-cinema.com/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ